検索結果

赤江 瀑 (アカエ バク)

1933年下関生。日本大学芸術学部中退。70年「ニジンスキーの手」で小説現代新人賞を受賞しデビュー。74年『オイディプスの刃』で角川小説賞、84年『海峡』『八雲が殺した』で泉鏡花文学賞。2012年没。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

オイディプスの刃

文庫・新書

オイディプスの刃

赤江 瀑

陽ざかりの夏の午後、妖刀「青江次吉」により大迫家の当主と妻、若い研師が命を落とした。残された三人兄弟は「次吉」と母が愛したラベンダーの香りに運命を狂わされてゆく。幻影妖美の傑作刀剣ミステリ。

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2019.09.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41709-7

予価1,058円(本体980円)

※未刊

詳細を見る
凶鳥の黒影

日本文学

凶鳥の黒影
中井英夫へ捧げるオマージュ

赤江 瀑有栖川 有栖嶽本 野ばら 著 本多 正一 監修

虚実の間に美を紡ぎ出し、その生涯を不思議な暗合に彩られた作家・中井英夫。有栖川有栖、嶽本野ばら、皆川博子、菊地秀行……。彼に影響を受けた17名の作家が贈る最上のオマージュ集。

  • 単行本 / 304頁
  • 2004.09.14発売
  • ISBN 978-4-309-01665-8

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る