検索結果

大谷 能生 (オオタニ ヨシオ)

1972年、青森県生まれ。批評家、音楽家。sim、masなどのバンドに参加し、日本のインディペンデントな音楽シーンで活動を行う。著書に『持ってゆく歌、置いてゆく歌』、菊地成孔との共著に『M/D』ほか。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

M/D 下

文庫・新書

M/D 下
マイルス・デューイ・デイヴィスⅢ世研究

菊地 成孔大谷 能生

最盛期マイルス・デイヴィスの活動から沈黙の六年、そして晩年まで――『憂鬱と官能』コンビによる東京大学講義はいよいよ熱気を帯びる。没後二十年を迎えるジャズ界最大の人物に迫る名著。

  • 河出文庫 / 544頁
  • 2011.09.05発売
  • ISBN 978-4-309-41106-4

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
M/D 上
  • 河出文庫 / 536頁
  • 2011.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41096-8

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
憂鬱と官能を教えた学校 上

文庫・新書

憂鬱と官能を教えた学校 上
【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史 調律、調性および旋律・和声

菊地 成孔大谷 能生

二十世紀中盤、ポピュラー音楽家たちに普及した音楽理論「バークリー・メソッド」とは何か。音楽家兼批評家=菊地成孔+大谷能生が刺激的な講義を展開。上巻はメロディとコード進行に迫る。

  • 河出文庫 / 376頁
  • 2010.05.07発売
  • ISBN 978-4-309-41016-6

定価1,026円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
憂鬱と官能を教えた学校 下

文庫・新書

憂鬱と官能を教えた学校 下
【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史 旋律・和声および律動

菊地 成孔大谷 能生

音楽家兼批評家=菊地成孔+大谷能生が、世界で最もメジャーな音楽理論を鋭く論じたベストセラー。下巻はリズム構造にメスが入る! 文庫版補講対談も収録。音楽理論の新たなる古典が誕生!

  • 河出文庫 / 360頁
  • 2010.05.07発売
  • ISBN 978-4-309-41017-3

定価1,026円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る
憂鬱と官能を教えた学校

芸術・芸能

憂鬱と官能を教えた学校
【バークリー・メソッド】によって俯瞰される20世紀商業音楽史

菊地 成孔大谷 能生

ポピュラー音楽のために生まれた理論体系、バークリー・メソッドの本質とはいったい何か? 注目のミュージシャンと批評家のコラボレーションによる前代未聞の音楽講義録、遂に登場!

  • 単行本 / 364頁
  • 2004.09.14発売
  • ISBN 978-4-309-26780-7

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る