検索結果

秋山 香乃 (アキヤマ カノ)

1968年、北九州市生まれ。作家。中学時代は演劇部でシナリオやコントを書く。高校入学の頃より小説を書き始める。活水女子短大卒業後、歴史サークルを主宰、会誌を発行。デビュー作の『歳三 往きてまた』が新撰組ファンのみならず、時代小説ファンの支持を得る。著書に『新選組藤堂平助』『獅子の棲む国』『五稜郭を落した男』『総司 炎の如く』『茶々と信長』『火裂の剣 助太刀人半次郎』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

氷塊 大久保利通

日本文学

氷塊 大久保利通

秋山 香乃

明治の元勲、大久保利通。国難の時代、日本を近代国家たらしめたのは、大久保の意志と構想と実行力であった。逆境の人を初めて描ききった評伝小説。

  • 単行本 / 284頁
  • 2011.06.20発売
  • ISBN 978-4-309-02042-6

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
諜報新撰組 風の宿り

日本文学

諜報新撰組 風の宿り
源さんの事件簿

秋山 香乃

井上源三郎は、長州脱藩の間者・佐伯又三郎と親しくなり、長州、水戸、会津の政争にまきこまれていく。大和行幸、相撲興行の思惑、芹沢一派殲滅の意味を、8・18政変と続く時代の中に探る。

  • 単行本 / 264頁
  • 2007.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-01805-8

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
新撰組捕物帖

日本文学

新撰組捕物帖
源さんの事件簿

秋山 香乃

新撰組副長助勤・井上源三郎は、持ち前のお節介・好奇心に火がつき、さまざまな事件に遭遇し、駆けずり回ることになる。そんな源さんに平隊士・中村久馬、監察方・尾形俊太郎もまきこまれ……。

  • 単行本 / 308頁
  • 2005.10.17発売
  • ISBN 978-4-309-01735-8

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る