検索結果

青山 七恵 (アオヤマ ナナエ)

1983年生まれ。2005年『窓の灯』で文藝賞を受賞しデビュー。07年『ひとり日和』で芥川賞、09年「かけら」で川端康成文学賞を受賞。著書に『わたしの彼氏』『快楽』『めぐり糸』『繭』他多数。

8件中 18件を表示 | 表示件数   件

風

文庫・新書

青山 七恵

姉妹が奏でる究極の愛憎、十五年来の友人が育んだ友情の果て、決して踊らない優子、そして旅行を終えて帰ってくると、わたしの家は消えていた……疾走する「生」が紡ぎ出す、とても特別な「関係」の物語。

  • 河出文庫 / 184頁
  • 2017.04.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41524-6

予価594円(本体550円)

※未刊

詳細を見る
風

日本文学

青山 七恵

そうなのよ、これがわたしたちのやり方だわ――姉妹の絶望的なまでの愛憎を描く「風」、15年の歳月を80枚の中で疾走する「二人の場合」他、特別な「関係」を描いた作品集!

  • 単行本 / 192頁
  • 2014.05.22発売
  • ISBN 978-4-309-02293-2

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
やさしいため息

文庫・新書

やさしいため息

青山 七恵

四年ぶりに再会した弟が綴るのは、嘘と事実が入り交じった私の観察日記。ベストセラー『ひとり日和』で芥川賞を受賞した著者が描く、OLのやさしい孤独。磯崎憲一郎氏との特別対談収録。

  • 河出文庫 / 208頁
  • 2011.04.06発売
  • ISBN 978-4-309-41078-4

定価562円(本体520円)

○在庫あり

詳細を見る
ひとり日和
  • 河出文庫 / 208頁
  • 2010.03.08発売
  • ISBN 978-4-309-41006-7

定価562円(本体520円)

○在庫あり

詳細を見る
やさしいため息

日本文学

やさしいため息

青山 七恵

今日はどんな一日だった? 4年ぶりに再会した弟が綴るのは、嘘と事実が入り交じった私の観察日記。『ひとり日和』で芥川賞を受賞した著者が描く、OLのやさしい孤独。

  • 単行本 / 176頁
  • 2008.05.16発売
  • ISBN 978-4-309-01862-1

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
窓の灯

文庫・新書

窓の灯

青山 七恵

  • 河出文庫 / 168頁
  • 2007.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-40866-8

定価454円(本体420円)

○在庫あり

詳細を見る
ひとり日和

日本文学

ひとり日和

青山 七恵

20歳の知寿が居候することになったのは、71歳の吟子さんの家。奇妙な同居生活の中、知寿はキオスクで働き、恋をし、吟子さんの恋にあてられ、成長していく。選考委員絶賛の第136回芥川賞受賞作!

  • 単行本 / 176頁
  • 2007.02.16発売
  • ISBN 978-4-309-01808-9

定価1,296円(本体1,200円)

×品切

詳細を見る
窓の灯

日本文学

窓の灯

青山 七恵

大学を辞め、時に取り残されたような喫茶店で働く私。向かいの部屋の窓の中を覗くことが日課の私は、やがて夜の街を徘徊するようになり……。ゆるやかな官能を奏でる第42回文藝賞受賞作。

  • 単行本 / 128頁
  • 2005.11.26発売
  • ISBN 978-4-309-01737-2

定価1,080円(本体1,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る