検索結果

クリストファー・T・スコット (スコット,クリストファー・T)

1979年にコロラド大学で生物学の学位を取得。現在は、スタンフォード大学講師で、同大学の「幹細胞と社会における生物医学倫理プログラムセンター」の所長。以前はカリフォルニア大学サンフランシスコ校の副学長補佐で、また、バイオ雑誌「アキューメン」の創刊者で編集長でもあった。また、「サイエンス」「ネイチャー・バイオテクノロジー」「ザ・サイエンティスト」などの著名な各誌への寄稿も多数ある。E S 細胞研究の啓蒙のため、ラジオやテレビにも積極的に出演している。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

ES細胞の最前線

自然科学・医学

ES細胞の最前線

クリストファー・T・スコット 著 矢野 真千子

万能細胞といわれるES細胞は21世紀の再生医療の切り札であり、世界中で研究が進んでいる最も注目された分野。その可能性と問題について最新情報を分かりやすく解説した名著。

  • 単行本 / 272頁
  • 2006.08.22発売
  • ISBN 978-4-309-25203-2

定価2,592円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る