検索結果

山口 清文 (ヤマグチ キヨフミ)

1944年大阪府生まれ、早稲田大学卒業、68年朝日新聞入社。国内外の事件や企画取材など幅広く取材、04年4月に定年を迎えフリーに。軸足を東京から埼玉県小鹿野町に移す。地芝居は15年前から全国各地に足を運んで取材を続けている。04、05年に写真展「かぶく心は今、全国地芝居紀行」を東京、大阪の富士フオトサロンで開く。全日本郷土芸能協会専門委員。小鹿野歌舞伎保存会顧問、秩父歌舞伎正和会相談役、歌舞伎サークル「うぶの会」顧問。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

日本地芝居写真紀行

芸術・芸能

日本地芝居写真紀行

山口 清文

地芝居(農村歌舞伎)は、江戸時代から全国約200カ所で受け継がれている五穀豊穣を祈念した民衆の伝統芸能である。懐かしい日本を追って15年間撮り続けた写真集。後半は秩父地方を特集。

  • 単行本 / 204頁
  • 2006.09.20発売
  • ISBN 978-4-309-90692-8

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る