検索結果

新免 貢 (シンメン ミツグ)

1953年、沖縄県に生まれる。関西学院大学大学院神学研究科修了、現在、宮城学院女子大学教授、神戸国際支縁機構理事。最近の著書・論文・翻訳に『「キリスト者」が良き名前となる為に――“使徒行伝”に歴史の中の教会を問う』(共著 関西神学塾)、『滅亡の予感と虚無をいかに生きるのか――聖書に問う』(共著 新教出版社)、『マグダラのマリアによる福音書――イエスと最高の女性使徒』(共訳 河出書房新社)など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

『ユダ福音書』の謎を解く

哲学・思想・宗教

『ユダ福音書』の謎を解く

エレーヌ・ペイゲルスカレン・L・キング 著 山形 孝夫新免 貢

裏切り者か? 最も寵愛された弟子か? 1800年間封印されていた「禁断の書」が今よみがえる! キリスト教はなぜ、ユダを抹殺したのか? 発見されたパピルスに記された、真実とは?

  • 単行本 / 260頁
  • 2013.10.29発売
  • ISBN 978-4-309-22602-6

定価2,640円(本体2,400円)

×品切

詳細を見る
マグダラのマリアによる福音書

哲学・思想・宗教

マグダラのマリアによる福音書
イエスと最高の女性使徒

カレン・L・キング 著 山形 孝夫新免 貢

19世紀末、エジプトで発見されたもう一つの福音書。そこには〈娼婦〉ではなく、イエス・キリストの愛と信をうける〈最高の使徒〉であるマグダラのマリアの真実が描かれていた。世紀の発見!!

  • 単行本 / 344頁
  • 2006.12.20発売
  • ISBN 978-4-309-23076-4

定価2,640円(本体2,400円)

×品切・重版未定

詳細を見る