検索結果

小谷野 敦 (コヤノ アツシ)

1962年、茨城県生まれ、埼玉県育ち。東京大学文学部英文科卒、同大学院比較文学比較文化専攻博士課程修了。『聖母のいない国』でサントリー学芸賞受賞。著書に『もてない男』『川端康成伝』『母子寮前』他多数。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

馬琴綺伝

日本文学

馬琴綺伝

小谷野 敦

倉蔵は放蕩生活を送りながら、悶々としていた。彼の俳号は馬琴……長編物語の空白時代に青年時代を過ごし、のちに不朽の名作『里見八犬伝』を生み出した滝沢馬琴の生涯。本格的時代小説。

  • 単行本 / 368頁
  • 2014.03.27発売
  • ISBN 978-4-309-02270-3

定価2,052円(本体1,900円)

×品切・重版未定

詳細を見る
もてない男訳 浮雲

日本文学

もてない男訳 浮雲

小谷野 敦

彼女は俺をあいしているに違いない――明治期日本近代文学の祖にして<非モテ>文学の金字塔、二葉亭四迷の『浮雲』が、元祖「もてない男」による現代語訳・解説で鮮やかによみがえる!

  • 単行本 / 224頁
  • 2010.02.23発売
  • ISBN 978-4-309-01963-5

定価1,620円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
聖母のいない国

文庫・新書

聖母のいない国
The North American Novel

小谷野 敦

『風と共に去りぬ』はなぜ大衆文学か? 『赤毛のアン』に読者が求めるものとは? さまざまな視点からアメリカ文学がはらむ「恋愛」と「真実」を読み解く挑発的文学論。サントリー学芸賞受賞。

  • 河出文庫 / 304頁
  • 2008.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-40906-1

定価821円(本体760円)

×品切・重版未定

詳細を見る
退屈論

文庫・新書

退屈論

小谷野 敦

ひとは何が楽しくて生きているのだろう? セックスや子育ても、じつは退屈しのぎにすぎないのではないか。ほんとうに恐ろしい退屈は、大人になってから訪れる。人生の意味を見失いかけたら読むべき名著。

  • 河出文庫 / 264頁
  • 2007.10.06発売
  • ISBN 978-4-309-40871-2

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る