検索結果

J・M・クッツェー (クッツェー,J・M)

1940年、南アフリカ共和国、ケープタウン生まれ。ケープタウン大学で文学と数学を学び、61年渡英。コンピュータプログラマーとして働きながら同大学の修士号を取得する。65年にはアメリカに渡り、テキサス大学で博士号取得。68年からニューヨーク州立大学で教壇に立つが、71年に南アに帰国。以後ケープタウン大学で教えながら、74年の初小説『ダスクランド』を皮切りに、小説や評論を次々と発表する。南アのCNA賞、フランスのフェミナ賞ほか、世界的文学賞を数多く受賞。83年の『マイケル・K』および99年の『恥辱』で英国のブッカー賞を史上初の2回受賞。90年の本書『鉄の時代』でサンデー・エクスプレス賞受賞。2002年にオーストラリアへ移住し、翌03年にノーベル文学賞を受賞する。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

鉄の時代

外国文学

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第1集

鉄の時代

J・M・クッツェー 著 くぼた のぞみ

反アパルトヘイト闘争の激化するケープタウン。黒人への暴力と差別を目の当たりにし、やがて浮浪者に看取られることになる女主人公の苦悩に満ちた遺書。ノーベル賞作家の傑作、初邦訳。

  • 単行本 / 266頁
  • 2008.09.12発売
  • ISBN 978-4-309-70951-2

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る