検索結果

キャロル・エムシュウィラー (エムシュウィラー,C)

1921年アメリカ・ミシガン州生まれ。SFイラストレーターの故エド・エムシュウィラーと結婚後55年にデビュー。今日にいたるまでSF/ファンタジーのジャンルを越えて、独自の世界を描き続けている。短篇集The Start of the End of It All(1990)で、世界幻想文学大賞(短篇集部門)受賞。長篇The Mount(2002)で、フィリップ・K・ディック賞を受賞。05年「私はあなたと暮らしているけど、あなたはそれを知らない」でネビュラ賞(短篇部門)受賞、同年世界幻想文学大賞の生涯功労賞を受賞。邦訳に、日本オリジナル短篇集『すべての終わりの始まり』(畔柳和代訳、国書刊行会)がある。本書は長篇第一作目。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

カルメン・ドッグ

外国文学

カルメン・ドッグ

キャロル・エムシュウィラー 著 畔柳 和代

女が動物に、動物が女に変わる現象が発生。若い娘に変身中のセッター犬は、カルメンを演じる夢を抱いて主人の元から家出する。奇想の女王による不可思議とユーモアと愛に満ちた変身譚。

  • 単行本 / 232頁
  • 2008.12.19発売
  • ISBN 978-4-309-20510-6

定価1,836円(本体1,700円)

×品切・重版未定

詳細を見る