検索結果

烏賀陽 弘道 (ウガヤ ヒロミチ)

1963年、京都府生まれ。京都大学卒業後、朝日新聞社に入社し、名古屋本社社会部、『AERA』編集部などを経て、03年に退社。著書に『朝日ともあろうものが。』、『カラオケ秘史 創意工夫の世界革命』など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

俺たち訴えられました!

政治・経済・社会

俺たち訴えられました!
SLAPP裁判との闘い

烏賀陽 弘道西岡 研介

都合の悪い意見や批判を封じるための嫌がらせ訴訟(SLAPP)が横行している。その被告=被害者となったジャーナリストたちが、SLAPP裁判の実態や名誉毀損訴訟の問題点を検証する。

  • 単行本 / 274頁
  • 2010.03.16発売
  • ISBN 978-4-309-24513-3

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る
「朝日」ともあろうものが。

文庫・新書

「朝日」ともあろうものが。

烏賀陽 弘道

記者クラブの腐敗、社をあげて破る不偏不党の原則、記者たちを苦しめる特ダネゲームと夕刊の存在……。朝日新聞社の元記者が制度疲労を起こしたマスメディアの病巣を鋭く指摘した問題作。

  • 河出文庫 / 352頁
  • 2009.06.08発売
  • ISBN 978-4-309-40965-8

定価950円(本体880円)

×品切・重版未定

詳細を見る