検索結果

藤井 耕一郎 (フジイ コウイチロウ)

1952年、北海道生まれ。科学ジャーナリスト。著書に。『通信崩壊』『NTTを殺したのは誰だ!』『幻の水素社会』など。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

タケミカヅチの正体

歴史・地理・民俗

タケミカヅチの正体
オミ姓氏族対ムラジ姓氏族

藤井 耕一郎

国譲り、神武東征に貢献した武神であるが、手焙り型土器と前方後方墳の勢力分布と密接な関係があり、その後の物部氏=前方後円墳勢力との争闘から、初めてその実態に迫る。

  • 単行本 / 236頁
  • 2017.02.28発売
  • ISBN 978-4-309-22695-8

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
サルタヒコの謎を解く

歴史・地理・民俗

サルタヒコの謎を解く

藤井 耕一郎

いまだ明らかでない謎の神・猿田彦。サナダ=サタ地名を中心に、その海人族の豊饒の象徴としての性格を解き明かす、ミステリの読み応え満点の画期的な考察の書。

  • 単行本 / 212頁
  • 2015.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-22640-8

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
武内宿禰の正体

歴史・地理・民俗

武内宿禰の正体
古代史上最もあやしい謎の存在

藤井 耕一郎

神功皇后「三韓征伐」の進言者? 渡来人の指導者? 古代史最大の謎を解く鍵は「ウチ」にある。海部の総帥的存在として捉え、壮大なスケールと緻密な考証で挑む。

  • 単行本 / 204頁
  • 2012.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-22582-1

定価2,640円(本体2,400円)

△2週間~

詳細を見る
大国主対物部氏

歴史・地理・民俗

大国主対物部氏
はるかなる古代、出雲は近江だった

藤井 耕一郎

古代、大国主が治めた琵琶湖南東岸は、三輪山一帯を支配した物部氏に征服される。近江と卑弥呼・台与の深い関係を探り、〈記紀〉が隠した謎を読み解く!

  • 単行本 / 256頁
  • 2011.01.18発売
  • ISBN 978-4-309-22537-1

定価2,200円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る