検索結果

谷川 直子 (タニガワ ナオコ)

1960年、神戸市生まれ。2012年『おしかくさま』で第49回文藝賞を受賞。他の著書に、小説『断貧サロン』『四月は少しつめたくて』、エッセイ『競馬の国のアリス』『お洋服はうれしい』などがある。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

世界一ありふれた答え

日本文学

世界一ありふれた答え

谷川 直子

離婚して未来を見失った女。ピアノを弾く時だけ、指が動かない病いのピアニスト。人生のどん底で出会った二人の男女の再生を描く感動作。伊藤比呂美さん、落合恵子さん絶賛!

  • 単行本 / 168頁
  • 2016.10.17発売
  • ISBN 978-4-309-02509-4

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
四月は少しつめたくて

日本文学

四月は少しつめたくて

谷川 直子

詩が書けなくなった大詩人と訳あり女性編集者。突然、口をきかなくなった娘とその真相を探る母親。詩人との交流を通して、大切な人の心に届く言葉を探す女性達の奮闘を描く各紙絶賛の感動作。

  • 単行本 / 200頁
  • 2015.04.14発売
  • ISBN 978-4-309-02374-8

定価1,540円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
おしかくさま

文庫・新書

おしかくさま

谷川 直子

おしかくさまという“お金の神様”を信じる女たちに出会った、四十九歳のミナミ。バツイチ・子供なしの先行き不安な彼女は、その正体を追うが!? 現代日本のお金信仰を問う、話題の文藝賞受賞作。

  • 河出文庫 / 184頁
  • 2014.12.08発売
  • ISBN 978-4-309-41333-4

定価649円(本体590円)

○在庫あり

詳細を見る
断貧サロン

日本文学

断貧サロン

谷川 直子

貧乏神被害者の会が主催する“貧乏を断つ”ためのサロン。そこには働かないイケメンの彼氏をもつ、様々な事情を抱える女たちが集まって……金か愛か!?に迫る文藝賞受賞第一作。

  • 単行本 / 168頁
  • 2014.10.14発売
  • ISBN 978-4-309-02330-4

定価1,430円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
おしかくさま

日本文学

おしかくさま

谷川 直子

おしかくさまという“お金の神様”を信仰している女達に出会った49歳のミナミ。先行き不安なバツイチの彼女は、その正体が気になって…… “現代の神”お金を問う、文藝賞受賞作。

  • 単行本 / 168頁
  • 2012.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-02141-6

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る