検索結果

栗原 康 (クリハラ ヤスシ)

1979年生まれ。著書に『大杉栄伝 永遠のアナキズム』『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』『働かないでたらふく食べたい』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

死してなお踊れ

文庫・新書

死してなお踊れ
一遍上人伝

栗原 康

行くぜ極楽、何度でも。家も土地も財産も、奥さんも子どもも、ぜんぶ捨てて一遍はなぜ踊り狂ったのか。他力の極みを生きた信仰の軌跡を踊りはねる文体で蘇らせて、未来をひらく絶後の評伝。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 2019.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41686-1

定価1,012円(本体920円)

○在庫あり

詳細を見る
日本のテロ

哲学・思想・宗教

日本のテロ
爆弾の時代60s-70s

栗原 康 監修

1974年の連続企業爆破事件は何故起きたのか、そして作家たちは何故それを描いたのか……今では信じられないような行動を起こした若者たちの実像を描く。時代を知るためのブックガイド併録。

  • 単行本 / 128頁
  • 2017.08.21発売
  • ISBN 978-4-309-24820-2

定価1,100円(本体1,000円)

○在庫あり

詳細を見る
死してなお踊れ

日本文学

死してなお踊れ
一遍上人伝

栗原 康

いくぜ極楽、なんどでも――壊してさわいで燃やしてあばれろ! 踊り念仏の一遍がダメな者たちをこそ救うためにアナーキーに甦る。注目の著者による狂乱と救済、哄笑と歓喜にあふれた絶後の評伝。

  • 単行本 / 256頁
  • 2017.01.27発売
  • ISBN 978-4-309-24791-5

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る