検索結果

斎藤 明美 (サイトウ アケミ)

1956年生まれ。作家。松山善三・高峰秀子夫妻の養女。著書に、『高峰秀子の捨てられない荷物』『高峰秀子の流儀』『最後の日本人』など。小説「青々と」で日本海文学大賞奨励賞。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

高峰秀子が愛した男

日本文学

高峰秀子が愛した男

斎藤 明美

当時まだ助監督だった松山善三を、高峰秀子はなぜ生涯の伴侶と定め、いかに愛したのか。ふたりの養女がともに暮らした眼で夫婦の愛の深さを綴る。松山善三没後再刊行。

  • 単行本 / 216頁
  • 2017.01.27発売
  • ISBN 978-4-309-02543-8

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る