検索結果

甲賀 三郎 (コウガ サブロウ)

1893-1945。探偵小説作家。『新青年』などを主な発表媒体に活躍。「本格」「変格」の名付け親。代表作に『体温計殺人事件』『血液型殺人事件』など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

強盗殺人実話

ノンフィクション

レトロ図書館

強盗殺人実話
戦前の凶悪犯罪事件簿

甲賀 三郎

戦前を代表する探偵小説作家による、知られざる戦前の凶悪強盗殺人事件実話集。二本榎惨劇、お艶殺し、鈴弁殺し、大井堀事件、女優一家怪死、ピス健事件など全十話。

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-02699-2

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
蟇屋敷の殺人

文庫・新書

KAWADEノスタルジック 探偵・怪奇・幻想シリーズ

蟇屋敷の殺人

甲賀 三郎

車から首なしの遺体が発見されるや、次々に殺人事件が。謎の美女、怪人物、化け物が配される中、探偵作家と警部が犯人を追う。秀逸なプロットが連続する傑作。

  • 河出文庫 / 398頁
  • 2017.05.08発売
  • ISBN 978-4-309-41533-8

定価864円(本体800円)

○在庫あり

詳細を見る