検索結果

大屋 雄裕 (オオヤ タケヒロ)

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部教授。法哲学。著書に『法解釈の言語哲学』(勁草書房)『自由とは何か』(ちくま新書)『自由か、さもなくば幸福か』(筑摩選書)、共著に『法哲学と法哲学の対話』(有斐閣)等。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

裁判の原点

哲学・思想・宗教

河出ブックス

裁判の原点
社会を動かす法学入門

大屋 雄裕

私たちは、裁判に何を期待すべきなのか。ときに不可解、ときに不正義にも見える様々な判決を、法学的にクリアに解説し、社会における裁判の価値を問い直す。知っておきたい裁判のすべて。

  • 単行本 / 248頁
  • 2018.01.19発売
  • ISBN 978-4-309-62509-6

定価1,620円(本体1,500円)

△2週間~

詳細を見る