検索結果

淡野 史良 (タンノ シロウ)

東京都生まれ。東京教育大学文学部卒業。江戸時代の庶民の生活史・精神史を中心に執筆。おもな著書に『人間らしく生きるなら江戸庶民の知恵に学べ』(河出夢新書)、また本名・丹野顯の名で『江戸の色ごと仕置帳』(集英社新書)、『江戸の盗賊』『江戸のことわざ』(以上、青春新書)、『常識として知っておきたい日本のしきたり』(PHP文庫)ほか多数。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

江戸の庶民のかしこい暮らし術

歴史・地理・民俗

イラスト図解版

江戸の庶民のかしこい暮らし術
人間らしく幸せに生きる知恵が学べる博学ビジュアル版

淡野 史良

ゴミの処理、子供の教育、高齢者の介護……江戸庶民はこれらの問題をいかに解決しようとしたのか。ムダのない生活術や心豊かに過ごす知恵は、現代人の暮らしにも貴重な示唆を与えてくれる!

  • 単行本 / 96頁
  • 2011.12.27発売
  • ISBN 978-4-309-65169-9

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
大奥101の謎

歴史・地理・民俗

大奥101の謎

淡野 史良

江戸時代、もっとも謎に満ちた存在は大奥である。その実態を伝える資料も乏しいが、成り立ち、運営のシステム、奥女中たちの暮らし、謎の事件等、興味深い話題を中心にその実像に迫る。

  • 単行本 / 96頁
  • 2007.12.13発売
  • ISBN 978-4-309-22474-9

定価1,008円(本体933円)

×品切・重版未定

詳細を見る
人間らしく生きるなら江戸庶民の知恵に学べ

文庫・新書

人間らしく生きるなら江戸庶民の知恵に学べ
その豊かな生き方、ムダのない生活術に、大事なヒントがある

淡野 史良

260年もの太平が続いた江戸時代。当時の庶民の暮らし方は、どのようなものだったのか。“制度疲労”を起こしている現代社会に生きる私たちに、清新な示唆を与える温故知新の書。

  • KAWADE夢新書 / 210頁
  • 1999.12.01発売
  • ISBN 978-4-309-50187-1

定価720円(本体667円)

×品切・重版未定

詳細を見る
江戸あへあへ草紙

江戸あへあへ草紙

淡野 史良

将軍や大奥の女性から遊女、裏長屋の熊さん、八つぁんに至るまで、江戸に生きた人たちのナマの暮らしをとらえたユーモアあふれる江戸雑学。オモテの歴史には絶対出てこない興味シンシンバナシ!

  • 河出文庫 / 224頁
  • 1985.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-47077-1

定価441円(本体408円)

×品切・重版未定

詳細を見る