ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. 音楽_その他

単行本

ザキンクス

ザ・キンクス

書き割りの英國、遥かなる亜米利加

和久井 光司

単行本 A5 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-29135-2 ● Cコード:0073
発売日:2021.03.29

定価2,805円(本体2,550円)

○在庫あり

  • 『ローラ対パワーマン・マネーゴーラウンド組』50周年。ロック史上最も文学的かつ労働者階級的なロンドンの英雄の真価を世界に問う、空前絶後のコンプリート・ガイド。

    世界初! ソロ作、シングルを含む完全ディスコグラフィ & バイオグラフィ
    英国文化の深淵に迫る論考で構成された究極の研究書
    執筆:犬伏功、中村俊夫、真下部緑朗、森次郎、山田順一、和久井光司

    ザ・キンクスとは?
    1964年にデビュー、「ユー・リアリー・ガット・ミー」のヒットで一躍世界的なバンドになったザ・キンクスは、65年後半に早くもフォーク・ロック路線に転じ、「サニー・アフタヌーン」や「ウォータールー・サンセット」のヒットで、“最もロンドン的なバンド” と評される。
    68年には『ヴィレッジ・グリーン・プリザヴェイション・ソサエティ』でロック・オペラに踏み込み、英国市民の生活に根ざした歌詞とヴォードヴィル調の曲でシェイクスピアに匹敵する“悲喜劇”をものにした。
    71年にRCAに移籍するとミュージカル路線のアルバムを連発しながら“憧れのアメリカ”や“ショウ・ビジネス界の光と影”を皮肉に描き、レイ・デイヴィスはロック界随一の文学系ソングライターと評される。
    80年代に入るとパンクに呼応するように初期のガレージ・サウンドへの巧みな回帰を見せ、世界屈指のライヴ・バンドとなっていった。
    2012年のロンドン・オリンピック閉会式ではレイ・デイヴィスがソロで「ウォータールー・サンセット」を歌い、ご当地バンドとしての絶対的な人気を見せつけた。
    解散声明もないまま96年以来ライヴ活動を停止しているものの、レイ・デイヴィス、デイヴ・デイヴィスはソロで秀作を残し、この10年はオリジナル・アルバムのリマスター拡大版シリーズで新たなキンクス・ファンを増やしている。


  • 【目次】
    Chapter1:THE STORY OF THE KINKS
    Chapter2:ORIGINAL ALBUMS
    Chapter3:SINGLES, EPS & ON STAGE
    Chapter4:COMPILATIONS & REMASTERS
    Chapter5:SOLO WORKS OF RAY DAVIES
    Chapter6:SOLO WORKS OF DAVE DAVIES
    Chapter7:OTHER WORKS & KONK RECORDS

著者

和久井 光司 (ワクイ コウジ)

1958年生。総合音楽家。スクリーン等を経てソロ活動を開始し、ボブ・ディラン公認カヴァー集『ディランを唄う』等の作品を持つ。著書に『「at武道館」をつくった男』、『放送禁止歌手 山平和彦の生涯』等。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳