河出文庫 せ5-0

セトウチジャクチョウショキジセンエッセイビレイケースイリセット

瀬戸内寂聴 初期自選エッセイ 美麗ケース入りセット

瀬戸内 寂聴

河出文庫 文庫 ● 792ページ
ISBN:978-4-309-41910-7 ● Cコード:0195
発売日:2022.08.08

定価2,728円(本体2,480円)

○在庫あり

  • 「瀬戸内寂聴 出家する前のわたし 初期自選エッセイ」の3点『愛すること』『祈ること』『書くこと』を美麗ケースにてお届け。自らの歓喜と悲哀の体験を見据え、生きることの奥深さを描く初期エッセイ。

    『愛すること』
    女は何歳まで恋が可能か?愛する能力と愛される能力の違いとは?男と女の関係、女の自由と未来とは?家庭を棄て、恋と文学に生きた著者が、歓喜と悲哀の体験を見据え、愛することの奥深さを描くエッセイ。

    『祈ること』
    徳島での少女時代、家庭・肉親からの出奔、放浪の日々、父との断絶、男たちとの愛と別れ、文学への渇望と情熱に貫かれた半生。仏の道に導かれ、尼僧となるまでの波瀾万丈の歳月を赤裸々に描くエッセイ。

    『書くこと』
    作家として立つまでの愛の軌跡、文壇との格闘、小説を書くことの苦しみと喜び、文学への限りない情熱。恋と文学に生きた著者が歓喜と幻滅の切実な体験を見据え、書き、生きることの奥深さを描くエッセイ。

著者

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)

1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒業。63年『夏の終り』で女流文学賞、92年『花に問え』で谷崎純一郎賞、11年『風景』で泉鏡花賞を受賞。2006年、文化勲章を受章。2021年11月、逝去。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳