検索結果

須藤 輝彦 (スドウ テルヒコ)

1988年生まれ。東京大学大学院博士課程在籍。ミラン・クンデラを中心に、チェコと中欧の文学を研究する。論文に「偶然性と運命」、Web連載に「燃えるノートルダム」、短篇小説に「中二階の風景」など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

シブヤで目覚めて

外国文学

シブヤで目覚めて

アンナ・ツィマ 著 阿部 賢一須藤 輝彦

チェコで日本文学を学ぶヤナは、謎の日本人作家の研究に夢中。一方その頃ヤナの「分身」は、渋谷をさまよい歩いていて──。プラハと東京が重なり合う、新世代幻想ジャパネスク小説!

  • 単行本 / 384頁
  • 2021.04.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-20826-8

予価2,970円(本体2,700円)

※未刊

詳細を見る
美術館って、おもしろい!

芸術・芸能

美術館って、おもしろい!
展覧会のつくりかた、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本

モラヴィア美術館  編 阿部 賢一須藤 輝彦

絵で見て分かる、美術館のすべて。学校での調べ学習に最適。芸術の中心を担ってきたヨーロッパの美術の歴史と成り立ちを、教養として子どもから大人まで楽しんで学べる決定版。

  • 単行本 / 62頁
  • 2020.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-25657-3

定価3,520円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る