検索結果

渋井 哲也 (シブイ テツヤ)

1969年生まれ。ジャーナリスト、中央大学文学部講師。東洋大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了。元長野日報記者。『ルポ座間9人殺害事件』『学校が子どもを殺すとき』『ルポ平成ネット犯罪』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

ルポ自殺

文庫・新書

河出新書

ルポ自殺
生きづらさの先にあるのか

渋井 哲也

バブル崩壊から自殺者3万人時代、ネット心中、コロナ禍の中の若者・女性の自殺、理由なき自殺……長年、自殺問題を取材してきたジャーナリストが迫る、この国の「生きづらさ」の真実。

  • 新書 / 264頁
  • 2022.08.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-63155-4

予価968円(本体880円)

※未刊

詳細を見る
自殺を防ぐためのいくつかの手がかり

政治・経済・社会

自殺を防ぐためのいくつかの手がかり
未遂者の声と、対策の現場から

渋井 哲也

自殺の背景にあるものは何か。生きづらさを抱えている人をどう支えていくのか。死ななくてもいい、別の選択肢はないのか。当事者たちの言葉から、自殺を防ぐためにするべきことを探る。

  • 単行本 / 240頁
  • 2010.11.10発売
  • ISBN 978-4-309-24530-0

定価1,650円(本体1,500円)

×品切・重版未定

詳細を見る
解決!学校クレーム

政治・経済・社会

解決!学校クレーム
“理不尽”保護者の実態と対応実践

渋井 哲也

教師の間に頻発する「うつ病」「自殺」。理不尽な要求を繰り返す学校クレーマーに、いま教育現場は機能不全に陥っている! 本書は教師と保護者との信頼関係を取り戻すための参考書である。

  • 単行本 / 224頁
  • 2009.06.15発売
  • ISBN 978-4-309-24479-2

定価2,420円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る