検索結果

木下 古栗 (キノシタ フルクリ)

1981年生まれ。著書に『ポジティヴシンキングの末裔』、『グローバライズ』、『生成不純文学』、『人間界の諸相』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

サピエンス前戯 長編小説集

日本文学

サピエンス前戯 長編小説集

木下 古栗

身長、寿命、インターネット、XVideos―21世紀、ピークに達した人間の能力と文化。だが、それはまだ人類史にとって前戯にすぎなかった。壮大なシンギュラリティSF含む長編3編。

  • 単行本 / 336頁
  • 2020.08.27発売
  • ISBN 978-4-309-02908-5

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
グローバライズ

文庫・新書

グローバライズ
GLOBARISE

木下 古栗

極限まで研ぎ澄まされた文体と緻密な描写、文学的技巧を尽くして爆発的瞬間を描く――加速する現代に屹立する十二篇。単行本版に加筆・修正を加え、最初期の短篇「犯罪捜査」の改作を加えた完全版。

  • 河出文庫 / 224頁
  • 2019.03.06発売
  • ISBN 978-4-309-41671-7

定価836円(本体760円)

○在庫あり

詳細を見る
グローバライズ

日本文学

グローバライズ

木下 古栗

古栗フリーク続出! 極限まで研ぎ澄まされた文体と緻密な描写、文学的技巧を尽くして、もはや崇高な程の下ネタや不条理な暴力、圧倒的無意味を描く――孤高の天才作家による、十二の短篇。

  • 単行本 / 208頁
  • 2016.03.24発売
  • ISBN 978-4-309-02452-3

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る