検索結果

山竹 伸二 (ヤマタケ シンジ)

1965年、広島県生まれ。著述家。学術系出版社の編集者を経て、哲学・心理学の分野で批評活動を展開。『「本当の自分」の現象学』『「認められたい」の正体』『不安時代を生きる哲学』『子育ての哲学』など。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

無意識の正体

哲学・思想・宗教

無意識の正体
「自分」とは何か 「自由」とは何か

山竹 伸二

人間の行動や思考の多くは無意識的なものである。そのメカニズムを解明しようとする研究も少なくないが、そもそも無意識は私たちの生にとってどんな意味を持つのか、その本質を探究する。

  • 単行本 / 216頁
  • 2024.04.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-23150-1

予価2,310円(本体2,100円)

※未刊

詳細を見る
共感の正体

哲学・思想・宗教

共感の正体
つながりを生むのか、苦しみをもたらすのか

山竹 伸二

いまや共感の時代。だが、そもそも共感とは何か。哲学史・心理学史に精通する著者が、自然科学の知見も参照しつつ、共感をめぐる思想の系譜を概説。成熟した共感のありようをも探究する。

  • 単行本 / 208頁
  • 2022.03.29発売
  • ISBN 978-4-309-23112-9

定価2,310円(本体2,100円)

○在庫あり

詳細を見る
心理療法という謎

哲学・思想・宗教

河出ブックス

心理療法という謎
心が治るとはどういうことか

山竹 伸二

「心の病」の理論や治療法は数多いが、苦しんでいる人にとってどれが最良なのかわかりにくい。心が治るとは一体どういうことなのか? 人間のあり方の本質から、心理療法の共通原理を考える。

  • 単行本 / 296頁
  • 2016.07.12発売
  • ISBN 978-4-309-62496-9

定価1,980円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る