検索結果

宮内 悠介 (ミヤウチ ユウスケ)

1979年、東京都生まれ。2010年に第1回創元SF短編賞山田正紀賞を受賞し、デビュー。『盤上の夜』で日本SF大賞、『彼女がエスパーだったころ』で吉川英治文学新人賞、『カブールの園』で三島賞を受賞。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

スペース金融道

文庫・新書

スペース金融道

宮内 悠介

「宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと取り立てる」植民惑星・二番街の金融会社に勤務する「ぼく」は、凄腕の上司とともに今日も債権回収へ。超絶SF連作集。

  • 河出文庫 / 320頁
  • 2024.03.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-42088-2

予価968円(本体880円)

※未刊

詳細を見る
うっとり、チョコレート

日本文学

うっとり、チョコレート
おいしい文藝

伊藤 まさこ片岡 義男鈴木 いづみ西 加奈子宮内 悠介森 茉莉

身も心もとろけるようなチョコレートの甘い味と香りを堪能できるエッセイアンソロジー。38人の名手によるバレンタインのステキな? 悲惨な? 思い出が詰まったロマンチックな一冊。

  • 単行本 / 208頁
  • 2017.01.24発売
  • ISBN 978-4-309-02537-7

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
スペース金融道

日本文学

スペース金融道

宮内 悠介

「宇宙だろうと深海だろうと、核融合炉内だろうと零下190度の惑星だろうと取り立てる。それがうちのモットーだ」新星金融の取り立て屋コンビがゆく。新本格SFコメディ誕生。

  • 単行本 / 292頁
  • 2016.08.29発売
  • ISBN 978-4-309-02493-6

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る