文藝

最新刊

文藝 2019年春季号

文藝 2019年春季号

【本誌定期購読のご案内】
●年間定期購読およびバックナンバーはこちらよりお申し込みできます。
http://fujisan.co.jp/pc/web-bungei

●年間定期購読はお電話でも承ります。
定期購読申込用フリーダイヤル:0120-223-223
※年中無休24時間営業



【創作】
【創作】
彩瀬まる「森があふれる」(218枚)
それは、善なる犠牲か、それとも呪いか――?
「妻が発芽したんだ。治したくない、っていうんだ」――ある日、大量の植物の種を飲んで倒れた、小説家・埜渡(のわたり)の妻、琉生(るい)。日に日に樹木と化していく妻を、作家はつぶさに観察し、物語にしていく……。夫婦とは、小説とは? 木々があふれる部屋の中、気鋭の作家が現代の「個」と社会の本質を抉る問題作!

桜井鈴茂「喪服を着て」(156枚)
唐突に、過去は訪れ、下村の現在(いま)を彷徨(さまよ)う――沈黙とともに 
日曜の夜だった。秋は深まっていた。群馬で友人の葬儀に出た下村は、東京へ戻らず、気づけば新潟にいた――走行距離十三万キロに達しようという故人トミーの車で、喪服を着て、遺書とともに。北上を続けた先に男を待ち受けていたものとは? 青春の終わりと人生のはじまりが響く、著者飛躍作!

中山咲「宝くじ」(212枚)
人生という賭けに乗り続けろ。疑えば、生きることは困難になるから 
ろくでなしの父親、同じ過ちを犯す元夫、妙に楽天的な後輩……七乙は周囲の人間の間をあてどもなく漂う。愚かさと幸福の力学を問う気鋭の傑作中篇。

岸川真「ススト」(211枚)
はじめに《球》があった。そして、誰かの、何処かの扉が開く
世界中で頻発する自殺及びテロ行為、通称「トライアル」。その発端となった男は言った。「何をしたって死ねないなんて、この世界には無理がある気がしませんか!」と。最悪が更新を続ける現代、小説を書くことの深層に迫る傑作。

川﨑大助「死は冷たいラザーニャ」(212枚)
それは、暗渠から、溢れ出る不可視なる毒
雑居ビルの一階「UDON」にかかって来た一本の電話。過去が次々とウキタの脳裏に去来する時、身体の深部に眠っていた「関係」は目を醒まし、いまを侵食しはじめる。いったい、誰の、「責任」なのか? 気鋭が日本の現在を可視化する!

【短編】
佐野徹夜「透明になれなかった僕たちのために」
佐々木譲「リコレクション」
藤田貴大「冬毛にうずめる」

【特別対談】
池澤夏樹×角田光代「千年の時を超えた「物語る」力」
「池澤さん、なぜ人は物語を必要とするんでしょうか?」
新作小説の執筆を止めてまで開始された角田光代による新訳『源氏物語』(「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」収録)。その『源氏』の中でも最高傑作とも名高い「若菜」帖を含む『源氏物語 中』を巡る、現代を代表する作家たちと千年前の作家との魂の対話。

【連載完結】
高橋源一郎「一億三千万人のための「論語」教室」
植本一子「24時間365日 二〇一八年十月二日~十月八日」
湯川豊「大岡昇平論 『昭和末』をめぐって」

【対談】
尾崎世界観×町屋良平
「表現者は動きつづける」

【エッセイ】
田村文「極私的平成文学遍歴――ベスト29付」

【柳美里『町の形見』刊行記念 特別寄稿】
小松理虔「上演は「字」で繰り返される」

【連載小説】
李龍徳「あなたが私を竹槍で突き殺す前に」第三回
宮内勝典「二千億の果実」第五回
新堂冬樹「1830」第五回
最果タヒ「パパララレレルル」第七回
津原泰水「夢分けの船」第十一回
恩田陸「灰の劇場」第二十一回
町田康「ギケイキ」第二十四回

【連載】
山本貴光「季評 文態百版」第四回 二〇一八年九月〜十一月
横尾忠則×保坂和志×磯﨑憲一郎「アトリエ会議」二〇一八年十一月三十日

【書評】
リン・ディン/小澤身和子 訳『アメリカ死にかけ物語』[評者]磯部涼
絲山秋子『夢も見ずに眠った。』[評者]田中和生
舞城王太郎『私はあなたの瞳の林檎』『されど私の可愛い檸檬』[評者]鴻池留衣
辻原登『不意撃ち』[評者]東山彰良
ハン・ガン/斎藤真理子 訳『すべての、白いものたちの』[評者]イ・ラン
陣野俊史『泥海』[評者]DARTHREIDER
エリザベス・ストラウト/小川高義 訳『何があってもおかしくない』[評者]槙野さやか
皆川博子『夜のリフレーン』[評者]本多正一

第56回文藝賞応募規定
著者一覧
定期購読のご案内