ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

ビシュトカクノウダイイチショボウハセガワミノキチ

美酒と革嚢 第一書房・長谷川巳之吉

長谷川 郁夫

受賞
第57回芸術選奨文部科学大臣賞、日経

単行本 A5 ● 464ページ
ISBN:978-4-309-01773-0 ● Cコード:0095
発売日:2006.08.29

定価6,264円(本体5,800円)

×品切・重版未定

  • 大正・昭和の出版界・文学界に巨大な足跡を残した長谷川巳之吉。堀口大學『月下の一群』、萩原朔太郎『氷島』等の美装本、全集を手がけた巳之吉が、その最盛期に自ら廃業した謎を追う。

著者

長谷川 郁夫 (ハセガワ イクオ)

昭和22年神奈川県生まれ。文芸編集者、大阪芸術大学教授。早稲田大学在学中に、小沢書店を創業。30年間にわたって重厚な企画・精巧精微な本づくりをする出版人として名をはせた。主著に『われ発見せり――書肆ユリイカ・伊達得夫』(書肆山田)、『藝文往来』(平凡社)、『美酒と革嚢――第一書房・長谷川巳之吉』(河出書房新社)がある。『美酒と革嚢』で2006年度芸術選奨文部科学大臣賞、やまなし文学賞などを受賞。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳