検索結果

2425件中 120件を表示 | 表示件数   件

源氏物語 下

日本文学

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻

源氏物語 下

角田 光代

世に優れて魅力ある男の物語がたくさんの登場人物を連ねて際限なく広がる。その一方で人の心の奥へも深く沈んでゆく。いうまでもなく日本文学最大の傑作。(池澤夏樹)

  • 単行本 / 704頁
  • 2018.12.12発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-72876-6

予価3,780円(本体3,500円)

※未刊

詳細を見る
源氏物語 中

日本文学

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻

源氏物語 中

角田 光代

世に優れて魅力ある男の物語がたくさんの登場人物を連ねて際限なく広がる。その一方で人の心の奥へも深く沈んでゆく。いうまでもなく日本文学最大の傑作。(池澤夏樹)

  • 単行本 / 704頁
  • 2018.05.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-72875-9

予価3,780円(本体3,500円)

※未刊

詳細を見る
芸能雑誌の時代

日本文学

芸能雑誌の時代
失われた雑誌「平凡」を求めて

塩澤 幸登

懐かしい芸能雑誌の中で山口百恵、天地真理、キャンディーズ、ピンクレディー、郷ひろみ、西城秀樹、野口五郎ら青春のアイドルたちがいまも光を放ち続けている。芸能界黄金時代の記録と記憶

  • 単行本 / 360頁
  • 2018.03.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92130-3

予価2,700円(本体2,500円)

※未刊

詳細を見る
昭和バラエティ番組の時代(仮)

日本文学

昭和バラエティ番組の時代(仮)

田村 隆

『シャボン玉ホリデー』『巨泉・前武のゲバゲバ90分!!』『8時だョ!全員集合』……昭和のテレビを彩った「お化け番組」の知られざる舞台裏とは? テレビが一番面白かった時代が甦る!

  • 単行本 / 200頁
  • 2018.01.29発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02647-3

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
ミルコの出版グルグル講義

日本文学

ミルコの出版グルグル講義

山口 ミルコ

五木寛之『大河の一滴』、藤原紀香『紀香魂』……ベストセラーを生み出してきた伝説的編集者が、会社を辞めて気づいた、出版界のこと、編集という仕事、本のいのち、そして自分のこと。

  • 単行本 / 180頁
  • 2018.01.24発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02644-2

予価1,620円(本体1,500円)

※未刊

詳細を見る
いのちなりけり吉野晩祷

日本文学

いのちなりけり吉野晩祷

前 登志夫

吉野を足場に活躍した、日本を代表する歌人の没後10年記念散文集。いずれも単行本未収録で、朝日新聞連載の最晩年の歌人の吉野便り。

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.01.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02648-0

予価2,160円(本体2,000円)

※未刊

詳細を見る
作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草

日本文学

作家と楽しむ古典

作家と楽しむ古典 土左日記 堤中納言物語 枕草子 方丈記 徒然草

堀江 敏幸中島 京子酒井 順子高橋 源一郎内田 樹

代表的な古典作品である土左日記から徒然草まで、人気作家たちはどう捉え、どう訳したのか。作家ならではの古典作品への誘いとそれぞれの文学論が楽しい、大好評の古典講義。

  • 単行本 / 192頁
  • 2018.01.18発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-72912-1

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
また明日会いましょう

日本文学

また明日会いましょう
生きていく言葉

山本 周五郎

「青ベか物語」や「樅ノ木は残った」など、数多の名作を残した作家の、人生とはどういうものかをしみじみと味わわせてくれる珠玉のエッセイ集。言葉のかずかずから、生きる力が湧いてくる。

  • 単行本 / 176頁
  • 2018.01.17発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02646-6

予価1,080円(本体1,000円)

※未刊

詳細を見る
豊じいのごきげん墨絵日記

日本文学

豊じいのごきげん墨絵日記
筆ペン一本で毎日が新鮮!

本多 豊國

墨絵画家の豊じい(本多豊國)は、今日も元気。還暦を過ぎてから始めた絵日記に、自身や社会の出来事、人や季節との出会い、画家の仕事など、日常と非日常が交差する日々を描く。

  • 単行本 / 144頁
  • 2018.01.12発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02645-9

予価1,404円(本体1,300円)

※未刊

詳細を見る
孤独を生きる言葉

日本文学

孤独を生きる言葉

松浦 弥太郎

人気エッセイストによる書き下ろし箴言集! 心が折れそうになった時、泣きそうになった時、読んでください。あなたを支える言葉がここにあります。

  • 単行本 / 162頁
  • 2017.12.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02640-4

予価1,080円(本体1,000円)

※未刊

詳細を見る
少女マンガ歴史・時代ロマン決定版全100作ガイド

日本文学

少女マンガ歴史・時代ロマン決定版全100作ガイド

細谷 正充

少女マンガの歴史モノを紹介します。新旧作家100人の100作品。舞台は、日本、フランス、イギリス、ロシア、アメリカ、中国、エジプトの、古代から近代まで。初めての試み。

  • 単行本 / 228頁
  • 2017.12.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02643-5

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
温泉天国

日本文学

温泉天国
ごきげん文藝

角田 光代北 杜夫太宰 治

おとなの愉しみを伝えるエッセイアンソロジー「ごきげん文藝」。第一弾は、日本中に点在する「温泉」をテーマにしたエッセイ32篇を収録。ぽちゃんと浸かれば、そこはまさに天国です。

  • 単行本 / 240頁
  • 2017.12.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02642-8

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
コンダクター

日本文学

コンダクター

矢月 秀作

ベテラン刑事・野村は少女誘拐事案の捜査を任された。その手口から、当初は営利目的の稚拙な犯行と思われたが……愚かな犯罪が、更なる巨悪を呼び寄せる究極のクライム小説。

  • 単行本 / 320頁
  • 2017.12.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02517-9

予価1,728円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
私の漂流記

日本文学

私の漂流記

曾野 綾子

人生を乗せて、船は走る――。奥深き海の世界、船上での出会い。作家として人間として、貴重な体験を与えてくれた「海」と「船」を軸に、人生の雄大さ、不思議さを感動的に描く24話。

  • 単行本 / 184頁
  • 2017.12.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02639-8

予価1,296円(本体1,200円)

※未刊

詳細を見る
新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」 アウトロー俳句

日本文学

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」 アウトロー俳句

北大路 翼

新宿歌舞伎町の路地の奥、元ホスト、バーテンダー、女装家、鬱病、依存症、ニートなどが夜な夜な集まり、やりきれない思いを俳句に載せて詠み明かす。はみ出し者たちのアンソロジー108句!

  • 単行本 / 176頁
  • 2017.12.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02641-1

予価1,404円(本体1,300円)

※未刊

詳細を見る
前田日明が語るUWF全史 上

日本文学

前田日明が語るUWF全史 上

前田 日明

再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1984~1987年編。

  • 単行本 / 270頁
  • 2017.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-92136-5

定価1,512円(本体1,400円)

△2週間~

詳細を見る
前田日明が語るUWF全史 下

日本文学

前田日明が語るUWF全史 下

前田 日明

再び議論の的となっているUWFについて前田日明がすべてを語る。当時の資料をもとに立体的に構成された、格闘技・プロレスファン待望の前田からの反論。全2巻1987~1991年編。

  • 単行本 / 284頁
  • 2017.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-92137-2

定価1,512円(本体1,400円)

△2週間~

詳細を見る
死の棘

日本文学

死の棘
短篇連作集

島尾 敏雄

精神を病んだ妻と、その原因となった罪障を抱えた作家との日常生活の修羅場を描く私小説の極北。長篇版より早い時期に書かれた作品から始まる短篇集版。

  • 単行本 / 272頁
  • 2017.12.01発売
  • ISBN 978-4-309-02625-1

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
ダンナの骨壺

日本文学

ダンナの骨壺
幻の随筆集

高峰 秀子

単行本未収録エッセイ集。戦後直後から今世紀までの、五十八年に及ぶ女優・随筆家人生の中から、年代中に掲載。その人の歩みが不易流行がまざまざと伝わる。

  • 単行本 / 204頁
  • 2017.12.01発売
  • ISBN 978-4-309-02632-9

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
濱田マリの親子バトル!

日本文学

濱田マリの親子バトル!

濱田 マリ

女優・濱田マリが愛娘の幼稚園から大学入学まで、なんと13年間の長きにわたって隔月で書き紡いだ「定点観測・子育てエッセイ」。抱腹絶倒ときどきホロリ。芸歴25年、満を持しての初単著

  • 単行本 / 280頁
  • 2017.11.30発売
  • ISBN 978-4-309-02626-8

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る