検索結果

2654件中 120件を表示 | 表示件数   件

小栗虫太郎雑文集成

日本文学

小栗虫太郎雑文集成

小栗 虫太郎 著 日下 三蔵

衒学趣味の探偵作家・小栗虫太郎のエッセイ、読物、自作解説など、「小説以外」の作品を集大成。戦時中の単行本未収録掌編や未完の絶筆「悪霊」の笹沢左保による完結編もあわせて収録。

  • 単行本 / 528頁
  • 2020.03.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02755-5

予価3,630円(本体3,300円)

※未刊

詳細を見る
ゲットーの森

日本文学

ゲットーの森

蜷川 泰司

現実世界のパラレルワールドにあたる大陸の物語。19世紀の街に生まれる前のジョン・レノンの唄が奏でられ、ゲットーの森からは悪魔の叫び声が聞こえる。

  • 単行本 / 360頁
  • 2020.03.25発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92184-6

予価2,090円(本体1,900円)

※未刊

詳細を見る
築地人形

日本文学

築地人形

青木 笙子

『出家とその弟子』の倉田百三との異形の愛と献身の末の破局。二人の男に裏切られながらも、弾圧と貪欝の中、日本新劇史の波乱を生き抜いた高山晴子の書き下ろし評伝。

  • 単行本 / 352頁
  • 2020.03.12発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92186-0

予価2,750円(本体2,500円)

※未刊

詳細を見る
パルプ・ノンフィクション

日本文学

パルプ・ノンフィクション
出版社つぶれるかもしれない日記

三島 邦弘

本の世界に、希望はあるのか? 可能性を求めて挑戦を繰り返す著者の、ハチャメチャ崖っぷち奮闘記! すべてのはたらく人に捧げる、ほがらかでクレイジーな世界最先端の「働き方の考え方」。

  • 単行本 / 304頁
  • 2020.03.10発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02868-2

予価1,980円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
流卵

日本文学

流卵

吉村 萬壱

「ヘンタイ! ヘンタイ! ヘンタイ!」ーー選ばれた民として、新人類への進化という向こう側の世界に行かなければ。中2男子の性の目覚めがもたらす官能と陶酔。吉村版『金閣寺』、誕生。

  • 単行本 / 176頁
  • 2020.02.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02862-0

予価2,200円(本体2,000円)

※未刊

詳細を見る
源氏物語 下

日本文学

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻

源氏物語 下

角田 光代

源氏亡きあと、宇治を舞台に源氏の息子・薫と孫・匂宮、姫君たちとの恋と性愛を描く。すれ違う男と女の思惑――。大長編の最後を飾るドラマチックな「宇治十帖」が圧巻。角田源氏、完結巻。

  • 単行本 / 640頁
  • 2020.02.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-72876-6

予価3,850円(本体3,500円)

※未刊

詳細を見る
たんぽぽのメニュー

日本文学

たんぽぽのメニュー

増田 れい子

出会う人々と食を通して、季節感あふれる上質な食エッセイを綴り、向田邦子、沢村貞子などの強い支持を得ていた著者の『つれづれの味』を改題し復刊。春夏秋冬の食と暮らしのヒント。

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.02.20発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02858-3

予価1,925円(本体1,750円)

※未刊

詳細を見る
人生を変えた!わたしの外国語大陸周遊記(仮)

日本文学

14歳の世渡り術

人生を変えた!わたしの外国語大陸周遊記(仮)

松村 圭一郎佐久間 裕美子丸山ゴンザレス

外国語はシビアな世界を渡る武器にもなり、時に誰かと自分を結ぶ糸にもなる。留学、転職、研究、世界大会……各界の25名が自身の外国語学習法とヒリヒリ、ホロリ、リアルな体験を綴る。

  • 単行本 / 240頁
  • 2020.02.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61721-3

予価1,540円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
5分後に君とサヨナラのラスト

児童書

5分シリーズ

5分後に君とサヨナラのラスト

エブリスタ

別れにはいろんな気持ちが詰まってる! 小説投稿サイト・エブリスタに集まった7万作超の中からサヨナラの話だけを集めた短編集。恋、苦しみ、恨み、哀しみ……あらゆるラストが待っている!

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.02.18発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61230-0

予価1,078円(本体980円)

※未刊

詳細を見る
おもてなしお寺スイーツ12カ月

日本文学

神谷町オープンテラスの
おもてなしお寺スイーツ12カ月

木原 祐健

「神谷町オープンテラス」――光明寺の境内にある、心のこもったスイーツと僧侶の傾聴で大人気の“お寺カフェ”の、あたたかで静かな12か月。心整う仏教エッセイ&季節のスイーツレシピ。

  • 単行本 / 112頁
  • 2020.02.17発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02859-0

予価1,815円(本体1,650円)

※未刊

詳細を見る
「群れない」生き方

日本文学

「群れない」生き方
ひとり暮らし、私のルール

曾野 綾子

家族を看取り、老いを受け止めながら、ひとり暮らしを楽しむにはどうすればいいのか。著者の生き方の根幹である「群れない」という美学を軸とし、豊かな老後のあり方を描く感動のエッセイ!

  • 単行本 / 212頁
  • 2020.02.13発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02861-3

予価1,100円(本体1,000円)

※未刊

詳細を見る
魂の痕(きずあと)

日本文学

魂の痕(きずあと)

梁 石日

在日コリアン一世の父をモデルにした代表作『血と骨』と対をなす済州島にうまれ過酷な結婚から逃げて大坂に渡ったある女の苛烈な半生を描く。梁石日の新たな代表作。

  • 単行本 / 274頁
  • 2020.01.28発売
  • ISBN 978-4-309-02853-8

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
5分後に謎解きのラスト

児童書

5分シリーズ

5分後に謎解きのラスト

エブリスタ

やっぱりミステリーが必要だ! 小説投稿サイト・エブリスタに集まった7万作超の中から謎解きばかりを集めた短編集。真実を見つけたとき、感動、戦慄、驚愕……あらゆるラストが待っている!

  • 単行本 / 232頁
  • 2020.01.28発売
  • ISBN 978-4-309-61229-4

定価1,078円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
素顔の雅子さま

日本文学

素顔の雅子さま
11人が語る知られざるエピソード

つげ のり子 著 山下 晋司 監修

2019年5月、新天皇陛下ご即位と共に、雅子さまが皇后陛下に。優美で才色兼備たる新皇后の実像とは? 雅子さまと交流してきた11人に丁寧な取材を行い、令和の皇后陛下の素顔にせまる!

  • 単行本 / 216頁
  • 2020.01.27発売
  • ISBN 978-4-309-02856-9

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
昭和芸能界史

日本文学

昭和芸能界史
[昭和20年夏~昭和31年]篇 戦後の芸能界は如何にして成立したか

塩澤 幸登

戦後、芸能産業は日本社会の大衆文化形成の中心的存在だった。美空ひばり、黒澤明、三島由紀夫、石原裕次郎……時代をつくり出した新しいスター、アイドルたち。その成立の歴史を描く。

  • 単行本 / 480頁
  • 2020.01.21発売
  • ISBN 978-4-309-92189-1

定価2,970円(本体2,700円)

○在庫あり

詳細を見る
おちゃめな生活

日本文学

あなたの魔法力を磨く法
おちゃめな生活

田村 セツコ

人生いいことも、悪いこともある……そして生きづらい時もある。この本を開けば、気持ちが楽になり、セツコさんの言葉がからだにしみわたります。待望の増補新装版!

  • 単行本 / 200頁
  • 2020.01.14発売
  • ISBN 978-4-309-02854-5

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
インタビューズ

日本文学

インタビューズ

堂場 瞬一

男は渋谷の交差点に立ち続ける、友との約束を果たす為に――いま、100人の「物語」が時代を貫く! 堂場瞬一、前代未聞の挑戦作!

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.01.08発売
  • ISBN 978-4-309-02855-2

定価1,760円(本体1,600円)

△2週間~

詳細を見る
金太郎飴

日本文学

金太郎飴
磯崎憲一郎 エッセイ・対談・評論・インタビュー 2007-2019

磯崎 憲一郎

受賞の言葉から朝日新聞文芸時評、対談、エッセイ、評論etc.……「小説的身体」を創るためのすべてがここに――デビューから12年、全身を「小説」に捧げて来た磯﨑憲一郎・全思考。

  • 単行本 / 514頁
  • 2019.12.24発売
  • ISBN 978-4-309-02851-4

定価3,630円(本体3,300円)

○在庫あり

詳細を見る
リボンの男

日本文学

リボンの男

山崎 ナオコーラ

おとうさんはねえ、ヒモじゃなくてリボンだよーー「時給かなりマイナス男」の専業主夫・常雄が、野川沿いの道を3歳のタロウと歩きながら発見した、新しい“シュフ”の未来。著者新境地!

  • 単行本 / 144頁
  • 2019.12.11発売
  • ISBN 978-4-309-02852-1

定価1,485円(本体1,350円)

△2週間~

詳細を見る
シルバー川柳 開運かるた

日本文学

シルバー川柳 開運かるた
笑って脳トレ!

みやぎシルバーネット河出書房新社編集部

シルバー川柳の傑作を集めた爆笑かるた。老若男女みんなで楽しく遊べて脳トレにもなります! 心がほっこりするイラストの絵札には、幸運を呼びこむ縁起のいい龍体文字つき。

  • 単行本 / 0頁
  • 2019.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-02848-4

定価1,430円(本体1,300円)

△2週間~

詳細を見る