ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

オウガイトソウセキノアイダデ

鴎外と漱石のあいだで

日本語の文学が生まれる場所

黒川 創

受賞
朝日、日経、毎日

単行本 46 ● 292ページ
ISBN:978-4-309-02393-9 ● Cコード:0095
発売日:2015.07.28

定価3,300円(本体3,000円)

○在庫あり

  • 日露戦争、大逆事件とゆらぐ20世紀初頭、もう日本語は日本人だけのものではなかった。鴎外や漱石はじめ、作家は何を、どう書いたか。東アジア全域に射程を広げ、日本語文学史を刷新。

  • 第1章 鷗外と台湾と魯迅のあいだ
    第2章 女の言いぶん
    終章  漱石と鷗外のあいだで――移動、地理、語りうるもの

    典拠とした主な資料
    あとがき
    人名索引

著者

黒川 創 (クロカワ ソウ)

1961年生まれ。作家。十代の頃から「思想の科学」に携わり、鶴見俊輔らとともに編集活動を行う。著書に『いつか、この世界で起こっていたこと』『きれいな風貌――西村伊作伝』(ともに新潮社)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳