ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ハットリサンチノシュリョウナマイニチ

はっとりさんちの狩猟な毎日

服部 小雪

服部 文祥 巻末エッセイ

受賞
読売

単行本 A5変形 ● 160ページ
ISBN:978-4-309-02797-5 ● Cコード:0095
発売日:2019.05.22

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

  • 自宅の庭でシカをさばいたり、ニワトリを卵から育てたり……都会でサバイバル生活を実践中のサラリーマン猟師父ちゃんと、妻および3人の子どもたちの暮らしの実態を描くエッセイ。


    父ちゃん猟師になっちゃった!

    登山家と結婚した主婦は、彼の常軌を逸した“サバイバルな”行動に、いつのまにかまきこまれていく……

    長男が生まれてひと月後、「俺、年末年始は山でいないから」と置き去りにされたのは、ほんの序の口、次男・長女が生まれても、父ちゃんのチャレンジは止まらない。とつぜん狩猟にめざめて、住宅街のまんなかで、庭でシカをさばいたり、ニワトリを卵から育てたり。

    都会でサバイバル生活中のサラリーマン猟師父ちゃん(服部文祥)とその家族を描くエッセイ。

  • 【目次】
    1 登山家の妻になる
    2 動物の命を食べる
    3 ニワトリのいる暮らし
    4 サバイバルは続く
    巻末エッセイ 普通でいてくださいと言われても無理です 服部文祥

著者

服部 小雪 (ハットリ コユキ)

1969年生まれ。イラストレーター。女子美術大学卒(美術学科洋画専攻)。在学中はワンダーフォーゲル部に所属。夫、二男、一女と横浜に在住。家族、ニワトリのいる日常をテーマにしている。

服部 文祥 (ハットリ ブンショウ)

1969年生まれ。登山家、作家。世界第二の高峰K2などに登頂したのち食糧を現地調達する「サバイバル登山」を開始。著書に『サバイバル登山家』『狩猟サバイバル』『サバイバル登山入門』『息子と狩猟に』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳