ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

人類はどこへ向かうのか?
山極壽一、佐々木俊尚推薦!

単行本

ホモデウス2

ホモ・デウス 下

テクノロジーとサピエンスの未来

ユヴァル・ノア・ハラリ

柴田 裕之

受賞
朝日、読売、日経、毎日

単行本 46 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-22737-5 ● Cコード:0022
発売日:2018.09.06

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

  • 「私」は虚構なのか? 生物はただのアルゴリズムであり、生物工学と情報工学の発達によって、資本主義や民主主義、自由主義は崩壊する。『サピエンス全史』の著者が描く衝撃の未来!

    私たちはどこへ向かおうとしているのか。人工知能や遺伝子工学といったテクノロジーとホモ・サピエンスの能力が合体したとき、人類は何を求め、何のために生きるのか、そして世界に何が起きるのかを問う!

    人類はどこへ向かうのか?

    生物はただのアルゴリズムであり、
    コンピューターがあなたのすべてを把握する。
    生物工学と情報工学の発達によって、
    資本主義や民主主義、自由主義は崩壊していく。


    「科学技術の終焉か? パンドラの箱が今開く。」
    ──山極壽一(京都大学総長)

    「人類史と先端テクノロジーを見事に融合した傑作。」
    ──佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)

  • 【下巻目次】

    第6章 現代の契約
    銀行家はなぜチスイコウモリと違うのか?/ミラクルパイ/方舟シンドローム/激しい生存競争

    第7章 人間至上主義
    内面を見よ/黄色いレンガの道をたどる/戦争についての真実/人間至上主義の分裂/ベートーヴェンはチャック・ベリーよりも上か?/人間至上主義の宗教戦争/電気と遺伝学とイスラム過激派

    第2部 ホモ・サピエンスが世界に意味を与える

    第8章 研究室の時限爆弾

    どの自己が私なのか?/人生の意味

    第9章 知能と意識の大いなる分離
    無用者階級/八七パーセントの確率/巫女から君主へ/不平等をアップグレードする

    第10章 意識の大海
    心のスペクトル/恐れの匂いがする/宇宙がぶら下がっている釘

    第11章 データ教
    権力はみな、どこへ行ったのか?/歴史を要約すれば/情報は自由になりたがっている/記録し、アップロードし、シェアしよう! /汝自身を知れ/データフローの中の小波

    謝 辞
    訳者あとがき
    原 註
    図版出典
    索 引

著者

ユヴァル・ノア・ハラリ (ハラリ,Y.N)

歴史学者、哲学者。1976年イスラエル生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻し博士号を取得。現在、ヘブライ大学で歴史学を教授。『サピエンス全史』『ホモ・デウス』『21 Lessons』。

柴田 裕之 (シバタ ヤスシ)

翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業。訳書にドゥ・ヴァール『道徳性の起源』、リドレー『繁栄』(共訳)、リフキン『限界費用ゼロ社会』、ハラリ『サピエンス全史(上下)』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳