ジャンル: 
  1. 政治・経済・社会 > 
  2. 政治

単行本

エイティーズ

エイティーズ

吉本 隆明

浅田 彰

蓮實 重彦

上野 千鶴子

単行本 B5 ● 264ページ
ISBN:978-4-309-00634-5 ● Cコード:0090
発売日:1990.07.19

定価2,516円(本体2,330円)

×品切・重版未定

  • 80年代の10年を大きく近代の転換の時代ととらえ、世界資本主義、環境、家族――といった社会問題から、文学、映画、演劇?といった文化の変容まで問題を抽出し検証する項目別大百科。

著者

吉本 隆明 (ヨシモト タカアキ)

1924年、東京生まれ。詩人、思想家、批評家。おもな著作に『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』『最後の親鸞』『ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ』など。2012年没。

浅田 彰 (アサダ アキラ)

蓮實 重彦 (ハスミ シゲヒコ)

1936年。著書『ボヴァリー夫人論』『物語批判序説』『凡庸な芸術家の肖像』など多数

上野 千鶴子 (ウエノ チヅコ)

1948年、富山生まれ。社会学者。日本におけるジェンダー論・女性学のパイオニア。『近代家族の成立と終焉』でサントリー学芸賞受賞。おもな著作に『スカートの下の劇場』『おひとりさまの老後』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳