ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ハハノシマントガワ1

母の四万十川 第1部

さいはてのうたがきこえる

笹山 久三

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-01050-2 ● Cコード:0093
発売日:1996.03.25

定価1,602円(本体1,456円)

×品切・重版未定

  • 敗戦間もない四万十川の村へ嫁いだチエは、戦争の傷にたえ、村の再建へむかう人々とともに苦闘する。『四万十川』の作者が、母への追悼をこめて、壮大なスケールで描く大河ドラマ。

著者

笹山 久三 (ササヤマ キュウゾウ)

1950年高知県生まれ。'87年『四万十川|あつよしの夏』で文藝賞、'89年坪田賞受賞。'96年『四万十川、第六部』をもってシリーズを完結させる。他に『ゆたかは鳥になりたかった』『母の四万十川』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳