検索結果

1233件中 120件を表示 | 表示件数   件

源氏物語 下

日本文学

池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 全30巻

源氏物語 下

角田 光代

源氏亡きあと、宇治を舞台に源氏の息子・薫と孫・匂宮、姫君たちとの恋と性愛を描く。すれ違う男と女の思惑――。大長編の最後を飾るドラマチックな「宇治十帖」が圧巻。角田源氏、完結巻。

  • 単行本 / 640頁
  • 2020.02.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-72876-6

予価3,850円(本体3,500円)

※未刊

詳細を見る
魂の流れゆく果て(仮)

日本文学

魂の流れゆく果て(仮)

梁石日

在日コリアン一世の父をモデルにした代表作『血と骨』と対をなす済州島にうまれ過酷な結婚から逃げて大坂に渡ったある女の苛烈な半生を描く。梁石日の新たな代表作。

  • 単行本 / 200頁
  • 2020.01.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02853-8

予価1,870円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
5分後に謎解きのラスト(仮)

児童書

5分シリーズ

5分後に謎解きのラスト(仮)

エブリスタ

やっぱりミステリーが必要だ! 小説投稿サイト・エブリスタに集まった7万作超の中から謎解きばかりを集めた短編集。真実を見つけたとき、感動、戦慄、驚愕……あらゆるラストが待っている!

  • 単行本 / 224頁
  • 2020.01.17発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-61229-4

予価1,078円(本体980円)

※未刊

詳細を見る
インタビューズ

日本文学

インタビューズ

堂場 瞬一

男は渋谷の交差点に立ち続ける、友との約束を果たす為に――いま、100人の「物語」が時代を貫く! 堂場瞬一、前代未聞の挑戦作!

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.01.08発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02855-2

予価1,760円(本体1,600円)

※未刊

詳細を見る
リボンの男

日本文学

リボンの男

山崎 ナオコーラ

おとうさんはねえ、ヒモじゃなくてリボンだよーー「時給かなりマイナス男」の専業主夫・常雄が、野川沿いの道を3歳のタロウと歩きながら発見した、新しい“シュフ”の未来。著者新境地!

  • 単行本 / 144頁
  • 2019.12.11発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02852-1

予価1,485円(本体1,350円)

※未刊

詳細を見る
完全版 韓国・フェミニズム・日本

日本文学

完全版 韓国・フェミニズム・日本

斎藤 真理子 責任編集

創刊以来86年ぶりに3刷となった「文藝」2019年秋季号特集「韓国・フェミニズム・日本」が、大増補のうえ遂に単行本化! 日韓の書き手が描き出す韓国文学とフェミニズムのいま。

  • 単行本 / 192頁
  • 2019.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-02837-8

定価1,760円(本体1,600円)

△2週間~

詳細を見る
最後の楽園

日本文学

最後の楽園
服部まゆみ全短編集

服部 まゆみ

幻想、怪奇、ゴシック、ミステリ……無二の作家・服部まゆみの珠玉の短篇全作品。密やかな愛憎、馥郁たるロマン、巧緻なトリックに酔いしれる、物語の歓びに満ちた十七篇。未発表作品収録。

  • 単行本 / 498頁
  • 2019.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-02844-6

定価4,180円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
ベーシック

日本文学

ベーシック
命をつなぐ物語

廣田 尚久

最低限の生活を送るための現金を支給する、400年以上にわたり検討されてきた、ベーシック・インカムの制度に光明を見出す、深い思索と多彩な議論がめぐる物語。

  • 単行本 / 344頁
  • 2019.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-92185-3

定価2,200円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
世界が僕らを嫌っても

日本文学

世界が僕らを嫌っても

片山 恭一

性同一性障害のタシケ、父親の非業の死で言葉を失ったクチナシ、そして父による母殺しの十字架を背負い続けるサヤ。それぞれの運命が絡み、苦しみの果てに居場所を見つける感動の物語。

  • 単行本 / 320頁
  • 2019.11.26発売
  • ISBN 978-4-309-02833-0

定価1,815円(本体1,650円)

○在庫あり

詳細を見る
犯人は、あなたです

日本文学

犯人は、あなたです

新堂 冬樹

上用賀バラバラ殺人事件が発生。被害者は、若手敏腕編集者。そして被害者遺族は、あの、日本一有名な家族だった! 現代日本をぶった切るブラックユーモアの傑作!

  • 単行本 / 280頁
  • 2019.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-02842-2

定価1,925円(本体1,750円)

○在庫あり

詳細を見る
意味が分かると慄く話

日本文学

5分シリーズ+

意味が分かると慄く話

藤白 圭

13万部突破の大ヒットシリーズ最新刊! 前著で大好評の新章「謎」を充実させ、シリーズ最怖の76編収録。大人気「5分シリーズ」から派生した病みつき確実の新感覚ホラー短編集。

  • 単行本 / 176頁
  • 2019.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-02832-3

定価1,078円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
虹いろ図書館のへびおとこ

日本文学

5分シリーズ+

虹いろ図書館のへびおとこ

櫻井 とりお

いじめがきっかけで学校に通えなくなった小学六年生のほのか。居場所を探してたどりついた古い図書館で出会ったのは――。第1回氷室冴子青春文学賞大賞を受賞した傑作小説!

  • 単行本 / 288頁
  • 2019.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-02838-5

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
かか

日本文学

かか

宇佐見 りん

壊れてしまった母(かか)を救うため、19歳の浪人生うーちゃんはある祈りを抱え熊野へ旅に出る。20歳の野性味あふれる感性で描き出す、痛切な愛と自立の物語。第56回文藝賞受賞作。

  • 単行本 / 120頁
  • 2019.11.15発売
  • ISBN 978-4-309-02845-3

定価1,430円(本体1,300円)

△2週間~

詳細を見る
改良

日本文学

改良

遠野 遥

女の格好をして、私はなぜ美しくなりたいのだろう――希望も絶望もない大学生の私の、抑えきれない美への執着。磯崎憲一郎氏、激賞! 圧倒的に冷徹な文体の、第56回文藝賞受賞作。

  • 単行本 / 120頁
  • 2019.11.15発売
  • ISBN 978-4-309-02846-0

定価1,430円(本体1,300円)

△2週間~

詳細を見る
約束された移動

日本文学

約束された移動

小川 洋子

ハリウッド俳優Bの泊まった部屋からは決まって1冊本が抜き去られていた――。客室係の「私」だけが秘密を知る表題作など、著者ならではの静謐で豊かな物語世界が広がる、珠玉の短篇6本。

  • 単行本 / 216頁
  • 2019.11.13発売
  • ISBN 978-4-309-02836-1

定価1,650円(本体1,500円)

△2週間~

詳細を見る
スガリさんの感想文はいつだって斜め上 2

日本文学

5分シリーズ+

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 2

平田 駒

謎多き女子高生スガリさんと、気弱な直山先生が読書感想部を立ち上げた。ぶっとんだ感想文をヒントに巻き起こる事件を解決する。そして浮かび上がるスガリさんの闇とは? 大好評第二弾!

  • 単行本 / 232頁
  • 2019.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-02831-6

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
5分後に猛毒なラスト

児童書

5分シリーズ

5分後に猛毒なラスト

エブリスタ

この刺激、クセになる! 小説投稿サイト「エブリスタ」に集まった7万作超の中から選ばれた、人間の闇ばかりの短編集。生きているからこそ生まれる欲望、憎悪、嫉妬……痺れるような刺激満載!

  • 単行本 / 192頁
  • 2019.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-61227-0

定価1,078円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
5分後に超ハッピーエンド

児童書

5分シリーズ

5分後に超ハッピーエンド

エブリスタ

やっぱりラストはハッピーがいい! 小説投稿サイト「エブリスタ」に集まった7万作超の中から、最高に幸せな気分になれる作品ばかりを集めた短編集。シリーズNo.1の心温まる読後感!

  • 単行本 / 224頁
  • 2019.10.23発売
  • ISBN 978-4-309-61228-7

定価1,078円(本体980円)

○在庫あり

詳細を見る
北野武第一短篇集 純、文学

日本文学

北野武第一短篇集 純、文学

北野 武

2019年秋、小説家・北野武、始動――疲労もポン! これが「小説」の覚醒剤。圧倒的な才能が詰まった傑作「純、文学」作品集!

  • 単行本 / 280頁
  • 2019.10.21発売
  • ISBN 978-4-309-02822-4

定価1,760円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
生命式

日本文学

生命式

村田 沙耶香

夫も食べてもらえると喜ぶと思うんで――死んだ人間を食べる新たな葬式を描く表題作のほか、村田沙耶香自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる12篇。文学史上、最も危険な短編集!

  • 単行本 / 272頁
  • 2019.10.17発売
  • ISBN 978-4-309-02830-9

定価1,815円(本体1,650円)

△2週間~

詳細を見る