ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

センゴブンダンオボエガキ

戦後文壇覚え書

杉森 久英

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 248ページ
ISBN:978-4-309-01203-2 ● Cコード:0095
発売日:1998.01.20

定価2,640円(本体2,400円)

×品切・重版未定

  • 昭和22年に河出書房へ入り、「文藝」編集長として活躍した著者の回想記。志賀直哉、太宰治、三島由紀夫、久保田万太郎、野間宏、武田秦淳など作家たちの姿、出版事情、出版人の動静を綴る。

著者

杉森 久英 (スギモリ ヒサヒデ)

1912年石川県七尾市生まれ。東大国文科卒。「文藝」編集長を経て文筆生活に入る。「天才と狂人の間」で直木賞を受賞。「啄木の悲しき生涯」「苦悩の旗手太宰治」「近衛文麿」など著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳