ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

アイドルは文学であり、文学はアイドルなのだ!!
時代の先端を疾走する著者の挑発的文化批評集

単行本

ゴゼンサンジュウニジノノウネンレナ

午前32時の能年玲奈

中森 明夫

単行本 46変形 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-02224-6 ● Cコード:0095
発売日:2013.10.29

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

  • ドラマ「あまちゃん」を核にアイドルの未来を語った表題作のほか、石原慎太郎、東浩紀、宮台真司をめぐる長文評論や、日本と世界の文学を読み解く論考をまとめた著者初の文化批評集。

著者

中森 明夫 (ナカモリ アキオ)

1960年生まれ。作家・アイドル評論家。著書に、『アナーキー・イン・ザ・JP』(新潮社)、『学校で愛するということ』(角川書店)、『アイドルにっぽん』(新潮社)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳