ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

翻訳とは何か

単行本

ホンヤクマンゲキョウ

翻訳万華鏡

池 央耿

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46変形 ● 216ページ
ISBN:978-4-309-02240-6 ● Cコード:0095
発売日:2013.12.13

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 翻訳とは何か。プロの翻訳家、翻訳の職人としてあらゆるジャンルの翻訳をこなし、常に第一線で活躍してきた著者が初めて明かす「翻訳上達の極意」と「翻訳の醍醐味」。瞠目のエッセイ!

    翻訳は文化の砂丘に生じては消える風紋である。
    刹那の印象か、記憶の原風景か、それは人によりけりだ。
    だとしても、混淆文化は日本のお家芸だから、翻訳職人はまだまだ忙しい。
    いいではないか。何でも来いだ。
    (本文より)

著者

池 央耿 (イケ ヒロアキ)

1940年、東京生まれ。国際基督教大学教養学部人文科学科卒。翻訳家。主な訳書に『南仏プロヴァンスの12か月』『新・人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』『E.T.』『アバラット』ほか多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳