ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

ナツメソウセキココロヲドウヨムカ

夏目漱石『こころ』をどう読むか

【文芸の本棚】

石原 千秋 責任編集

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 228ページ
ISBN:978-4-309-02289-5 ● Cコード:0095
発売日:2014.05.20

定価1,836円(本体1,700円)

○在庫あり

  • 刊行100年。永遠の問題作は今いかに読まれうるのか。東浩紀、大澤真幸らのエッセイ、対談:奥泉光×いとうせいこうのほか、これまでの『こころ』論をベストセレクション。

  • 夏目漱石自筆広告文
    『こころ』あらすじ

    石原千秋「『こころ』はどう読まれてきたか」

    対談 奥泉光/いとうせいこう「文芸漫談 夏目漱石『こころ』を読む」

    東浩紀「少数派として生きること」
    大澤真幸「喉に引っかかった魚の小骨のような疑問」
    荻上チキ「見過ごされてきた門番」
    高田里惠子「『こころ』の読者をどうつくりだすか」
    文月悠光「『こころ』に眠るわたしたち」

    対談 水村美苗/小森陽一「こころ 夏目漱石」
    対談 丸谷才一/山崎正和「夏目漱石と明治の精神」

    講演 柄谷行人「漱石の多様性:講演——「こゝろ」をめぐって」
    講演 吉本隆明「『こころ』」

    北村薫「『こころ』を、読もうとしているあなたに」
    夏目房之介「こころ」
    荒川洋治「百年前の少年」

    山崎正和「淋しい人間」
    作田啓一「師弟のきずな——夏目漱石『こゝろ』(1914年)」
    石原千秋「眼差としての他者——『こゝろ』」
    小森陽一「『こころ』を生成する心臓[ハート]」
    押野武志「静は果たして知っていたのか」
    赤間亜生「〈未亡人〉という記号」
    平野芳信「最初の夫の死ぬ物語——『ノルウェイの森』から『心』に架ける橋」

    石原千秋「『こころ』をこれからどう読むか」

著者

石原 千秋 (イシハラ チアキ)

1955年生まれ。早稲田大学教育・総合科学学術院教授(日本近代文学)。『読者はどこにいるのか』『受験国語が君を救う!』『教養としての大学受験国語』『『こころ』で読みなおす漱石文学』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳