ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

オオニシキョジン

大西巨人

抒情と革命

河出書房新社編集部

単行本 A5 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-02300-7 ● Cコード:0095
発売日:2014.06.24

定価2,484円(本体2,300円)

○在庫あり

  • 2014年3月に物故した戦後文学、最後にして最大の巨匠が遺した問いとは何か。対談、文選、論考など。いとうせいこう、小沢信男、スガ秀実、山口直孝、石橋正孝ほか。

  • 【対談】
    武井昭夫 ——二一世紀の革命と非暴力・新作『縮図・インコ道理教』をめぐって
    柄谷行人 ——畏怖あるいは倫理の普遍性
    吉本隆明 ——“大小説”の条件・『神聖喜劇』をめぐって
    大岡昇平 ——変貌する「戦後」を問う

    【エッセイ】
    いとうせいこう ——リアリズムへの神聖喜劇
    小沢信男 ——汚い原稿の美しさ

    【論考】
    山口直孝 ——疾走する「たわぶれ心」・大西巨人におけるフモールの展開
    すが秀実 ——さらに、踏み越えられたエロティシズムの倫理・大西巨人の場合
    井口時男 ——「正名と自然」再び
    倉数茂 ——大西巨人の聖史劇
    友常勉 ——〈党〉と部落問題
    千野帽子 ——大西巨人を読んでめんくらうこと

    ●大西巨人 [山口直孝 編・解題]
    【単行本未収録エッセイ選】
    ヒューマニズムの陥穽 ——「ネオ・ユマニスム」の旗手としての荒正人について
    K少尉的なもの
    二つの書物 ——「あられ酒」と「追憶」と
    対馬の上島・下島
    古い記憶の水鏡 ——短歌一首、詩二編について

    【初出で読む「俗情との結託」】
    俗情との結託 ——『三木清に於ける人間の研究』と『真空地帯』
    雉子も鳴かずば打たれまい ——民科芸術部会のこと、『真空地帯』批判(『俗情との結託』)の二つの反批判(?)のこと、シャーロック・ホームズ的推理のこと、その他
    『真空地帯』問題 ——会本来の使命発展のために・㈿

    【『神聖喜劇』論】
    石橋正孝 ——大西巨人における暴力の問題
    田島正樹 ——革命的主体について 『神聖喜劇』論
    宮野由梨香 ——『神聖喜劇』の彼方へ
    橋本あゆみ ——「別の長い物語り」のための覚書・『精神の氷点』から『神聖喜劇』へ

    【作品ガイド】坂口博、内田友子、楠田剛士、生住昌大、橋本あゆみ他
    精神の氷点
    神聖喜劇
    天路の奈落
    地獄変相奏鳴曲
    三位一体の神話
    五里霧
    迷宮
    二十一世紀前夜祭
    深淵
    縮図・インコ道理教
    地獄篇三部作

    大西巨人 略年譜 齋藤秀昭

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳