ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

ヒサオジュウラン

久生十蘭

【文芸の本棚】 評する言葉も失う最高の作家

河出書房新社

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-02362-5 ● Cコード:0095
発売日:2015.02.26

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 近年、作家を含めてリスペクトの対象となっている十蘭の魅力を満載。本人の名作を多数収録。作家や研究者のエッセイも収める決定版総特集。

  • *エッセイ
    澁澤龍彦 ──久生十蘭のこと
    中野美代子 ──「内地へよろしく」初見参の記
    千野帽子 ──久生十蘭『あなたも私も』は「戦後文学」です
    津原泰水 ──『魔都』の時間……『妖都』の頃
    阿部日奈子 ──だいこんと沖縄
    岩田宏 ──『黄金遁走曲』解説
    中条省平 ──久生十蘭との出会い 幻滅の時代を乗りきるための倫理
    都筑道夫 ──「無惨やな」について
    中井英夫 ──戦争と久生十蘭

    *十蘭の証言
    【対談】話の泉ー第3回
    渡辺紳一郎×久生十蘭     

    *コレクシオン・ジュラネスク
    〈掌篇〉
    ・かぼちゃ
    ・雪
    〈戦地掌篇〉
    ・月
    ・花
    〈最初期小説〉電車居住者
    〈戦地ルポ〉地の霊

    久生十蘭
    〈全集未収録〉忠助(『顎十郎捕物帳』「ねずみ」異稿)
    〈猟奇小説〉白豹
    〈異稿〉弔辞(「手紙」異稿)
    〈全集未収録〉海豹島(『妖奇』版)
    〈戦地小説〉第〇特務隊
    ・作品解題(瀬高道助)

    *十蘭研究の現在
    江口雄輔 ──これからの十蘭  
    沢田安史 ──十蘭収集で見えてきたこと
    川崎賢子 ──十蘭つれづれー偽書をかきわけながら

    *資料
    本多正一 ──中井久夫『久生十蘭全集』編集ノートから 
    『定本 久生十蘭全集』内容一覧
    久生十蘭略年譜

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳