ジャンル: 
  1. ノンフィクション

日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
この事故は「事件」だったのか!?

単行本

ニッコウヒャクニジュウサンビンツイラクノシンジジツ

日航123便墜落の新事実

目撃証言から真相に迫る

青山 透子

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02594-0 ● Cコード:0036
発売日:2017.07.24

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 先輩を失った元スチュワーデスが当時の警察・自衛隊・政府関係者、医師、遺族、目撃者らに取材を重ねた先に見えた新事実。墜落の真相解明に拘り続ける理由と事実を見つめる勇気を伝える。

    日航機123便墜落事故原因に迫る新事実!
    この事故は「事件」だったのか!?

    1985年8月12日。日航ジャンボ機123便は、なぜ御巣鷹の尾根に墜落しなければならなかったのか──。

    「この出来事を風化させてはならない。」三十三回忌を前に、その情熱が生んだ、真相究明に一石を投じる渾身のノンフィクション!

    当時、生存者の一人である日航客室乗務員落合由美さんの同僚であった著者は、この「事故」に今なお疑問を抱き、数々の目撃者の証言をもとに真相に迫っていく。
    前著からさらに探査の精度が深まり、頁をめくるごとに次々と新事実が明らかになっていく迫真の展開力で一気読み必至!

    *本書が追求する問題点
    ●公式記録にはないファントム二機の追尾が目撃されている。
    ●日航機に付着した赤い形状のものが目撃されたが、それは何か。
    ●地元群馬県上野村の小中学校の文集に寄せられた子どもたちの目撃証言。
    ●米軍機が墜落地点を連絡したにもかかわらず、なぜ現場の特定が遅れたのか。
    ●ジェット燃料の火災ではありえない遺体の完全炭化から考えられるある種の武器使用の疑い。
    ●事故原因はなぜ意図的に漏洩されたのか。
    ●圧力隔壁修理ミス原因説への疑問。

    疑惑の証拠隠滅につながる数々の証言をもとに、今まで隠蔽されてきた問題が次々と明らかとなり、この事故が「事件」であった可能性が浮かび上がっていく。

  • 【目次】
    序 章 あの日に何が見えたのか
    ● 日航123便墜落事故に関する略年表
    第一章一九八五年八月十二日の記録
    1 スチュワーデスの視点から
    2 政治家の視点から
    ● 中曽根康弘総理大臣の場合
    ● 山下徳夫運輸大臣の場合
    3 日本航空の視点から

    第二章新たに浮かび上がるあの日の証言
    1 遺族となった吉備素子氏の体験と記憶
    2 山下徳夫運輸大臣の記憶
    3 目撃者たちの証言
    ● ファントム二機と赤い物体の目撃者

    第三章『小さな目は見た』というもう一つの記録
    1 上野村小学校、中学校の文集が語る二百三十五名の目撃証言
    2 横田基地への取材ノートから
    3 ガソリンとタールの臭いが物語る炭化遺体と遺品
    ● 検死に関わった医師たちの証言
    ● 山口悠介検事正による異例の説明会
    ● 上野村に眠る遺骨と尾根に残る残骸から見えてくるもの

    第四章三十三回忌に見えてきた新たな事実 〜目撃証言からの検証〜
    1 事故原因を意図的に漏洩したのは米国政府という記事
    ● ガソリンとタールの異臭について
    ● 墜落現場不明という誤報とファントム二機の追尾
    ● 人命救助よりも大切だったのは赤い物体か?
    2 未来に向けて私たちができること

    終 章未来の目は見た
    ● 事実関係時系列表

著者

青山 透子 (アオヤマ トウコ)

元日本航空国際線客室乗務員。国内線時代に事故機のクルーと同じグループで乗務。その後、官公庁、各種企業等の接遇教育に携わり、専門学校、大学講師として活動。東京大学大学院博士課程修了、博士号取得。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

本書を読んで居るうちにあの日の記憶が鮮明に戻ってきました。母と家内が用意した夕食が一口も喉を通らずテレビの報道に夜中まで釘付けになっていました。一時過ぎだったと思います。NHKか民放か覚えていませんがほんの一瞬、事故現場に人間が降り立っている光景です。すぐにその画像は映らなくなりました。大きな力にマスコミも屈したのだと今分かりました。日本中が隠蔽に加担したんです。でも信じたいです。事件に関わった人が勇気をもって真実を語ることを。墓場まで持っていくのは美談でも何でもなく間違った正義、悪魔の理屈にすぎないと思いました。
あの日、キャンセルした123便のチケット(家族4人分)を目の前に呆然自失の自分がそこに居たことを思い出しました。合唱 (YKreds さん/ 男性)

本書に書いてあることは、ほとんど知ってました。
本書を出版してくれたことに、感謝します。 (はや さん/54歳 男性)

このJAL123便の事故が事件だとは、よくわからなかった。しかし、この本をじっくり読んで確信した。最後の方の青山透子さんの推測どおりか、それにきわめて近いことが真相だと。
アメリカの知識人でも9/11の真実はスルーしている人が大部分だ。やはり自分の身がいちばんかわいい。私は今後、この本を無視するかどうかを、日本の真の知識人の指標としたい。著者の青山透子さんはまさに超一級の知識人だ。調査能力、文章力は言うまでもなく、その勇気はまことに素晴らしい。
青山透子さま、人間のあるべき姿を身をもって示していただき、本当にありがとうございました。
(柳原三男 さん/67歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳