ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

センゴノセイシンシ

戦後の精神史

渡邊一夫、竹山道雄、E・H・ノーマン

平川 祐弘

単行本 46 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-02621-3 ● Cコード:0095
発売日:2017.10.27

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

  • 戦後、日本は内外でどのように捉えられてきたか? 戦後の代表的知識人、渡邊一夫と竹山道雄の二人を中心に、欧米の知日派知識人の動向も交えながら、比較文化史の泰斗が解く。

著者

平川 祐弘 (ヒラカワ スケヒロ)

1931年、東京生まれ。東京大学名誉教授。比較文化史家。著書に、『和魂洋才の系譜』『ダンテ「神曲」講義』他。訳書に、ダンテ『神曲』『新生』、ボッカッチョ『デカメロン』、小泉八雲『骨董・怪談』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳