ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 戯曲・詩歌

単行本

シンジュクカブキチョウハイクイッカシカバネハアウトローハイク

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」 アウトロー俳句

北大路 翼

単行本 46 ● 176ページ
ISBN:978-4-309-02641-1 ● Cコード:0095
発売日:2017.12.19

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 新宿歌舞伎町の路地の奥、元ホスト、バーテンダー、女装家、鬱病、依存症、ニートなどが夜な夜な集まり、やりきれない思いを俳句に載せて詠み明かす。はみ出し者たちのアンソロジー108句!

    NHK「ハートネットTV」で紹介され大反響!

    新宿歌舞伎町の片隅で俳句を詠む集団、

    屍(しかばね)派による待望のアンソロジー!!




    風俗店、キャバクラ、ホストクラブが立ち並ぶ、新宿歌舞伎町。

    欲望が渦巻き、人々は騙し合う。勝者になれば王のごとく振る舞い、

    敗者は静かに街を去っていく。



    そんな歌舞伎町の路地の奥で、やりきれない思いを俳句に載せて

    詠み明かす人たちがいる。

    元ホスト、バーテンダー、女装家、鬱病・依存症患者、ニート……。

    “はみ出し者”ばかりだ。



    これは、新宿のアウトローたちが贈る

    不寛容な時代に疲れたあなたのための

    アンソロジー(句集)である。――本文より



    軽トラで持つていかれたぬひぐるみ

    キャバ嬢と見てゐるライバル店の火事

    この毛布ぢゃないときつと眠れない

    一番えらいのは伊達巻を考へた人

    駐車場雪に土下座の跡残る

    太陽にぶん殴られてあつたけえ

    春一番次は裁判所で会はう

    春の風邪キスをしてもうつらない

    蒲公英(たんぽぽ)は倒れてゐることが多い

    ウーロンハイたった一人が愛せない

    六本木ヒルズに行つたことがある

    看板が濡れてお客が入らない……etc.



著者

北大路 翼 (キタオオジ ツバサ)

新宿歌舞伎町俳句一家「屍派」家元。小学5年生から句作を開始。会田誠より芸術公民館を引き継ぎ、「砂の城」と改称、城主となる。句集に『天使の涎』(第七回田中裕明賞)、『時の瘡蓋』がある。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

俳句というものへの概念が根底から崩れ落ちるような衝撃と戦慄……(--;) 俳句に嵌まりそうだ… (naniwa-no-ginji さん/68歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳