ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

単行本

ギャクサツソングブックリミックス

虐殺ソングブックremix

中原 昌也

単行本 46 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-02790-6 ● Cコード:0093
発売日:2019.03.26

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

  • 前代未聞!! 既存のテクストをコラージュし、文学を、世界を震撼させる作家・中原昌也。その破壊的作品群を、各界第一線の才能が大胆不敵にリミックス。今、中原昌也の新たな衝撃が鳴り響く!

    前代未聞!!! 既存のテクストをコラージュし、文学を、世界を震撼させる作家・中原昌也。その破壊的作品群を、各界第一線の才能が大胆不敵にリミックス。いま、中原昌也の新たな衝撃が鳴り響く!


    Art work:河村康輔(Mari & Fifi's Massacre Songbook Re-ILL-mix)

  • 【目次】
    Ⅰ remix edition
    待望の短篇は忘却の彼方に(町田康 tabure remix)
    独り言は、人間をより孤独にするだけだ(OMSB’s “路傍の結石” remix)
    子猫が読む乱暴者日記×レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー(柴崎友香 Kittens remix)
    天真爛漫な女性(曽我部恵一 “Tell her No” remix)
    怪力の文芸編集者×誰も映っていない(朝吹真理子remix)
    『待望の短篇は忘却の彼方に』文庫版あとがき(三宅唱 “小日本” remix)
    鳩嫌い(五所純子 tinnitus remix)
    子猫が読む乱暴者日記(湯浅学 “博愛断食” mix)
    『中原昌也 作業日誌 2004→2007』(やくしまるえつこ “type_ナカハラ_BOT_Log” remix)
    『中原昌也 作業日誌 2004→2007』(高橋源一郎 “こんな日もある” remix)

    Ⅱ Original version
    待望の短篇は忘却の彼方に
    独り言は、人間をより孤独にするだけだ
    路傍の墓石
    子猫が読む乱暴者日記
    天真爛漫な女性
    怪力の文芸編集者
    誰も映っていない
    『待望の短篇は忘却の彼方に』文庫版あとがき
    鳩嫌い
    『中原昌也 作業日誌 2004→2007』(抄)

著者

中原 昌也 (ナカハラ マサヤ)

1970年、東京都生まれ。「暴力温泉芸者」名義で音楽活動の後、「HAIR STYLISTICS」として活動を続ける。著書に『マリ&フィフィの虐殺ソングブック』『知的生き方教室』ほか多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳