ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 小説

恋愛を楽しめないの、僕だけ?
ジェンダー文学の新星!鋭敏な感性光る小説4篇

単行本

ヌイグルミトシャベルヒトハヤサシイ

ぬいぐるみとしゃべる人はやさしい

大前 粟生

単行本 46 ● 176ページ
ISBN:978-4-309-02874-3 ● Cコード:0093
発売日:2020.03.14

定価1,760円(本体1,600円)

△重版中

  • 僕もみんなみたいに恋愛を楽しめたらいいのに。大学二年生の七森は“男らしさ”“女らしさ”のノリが苦手。こわがらせず、侵害せず、誰かと繋がれるのかな? ポップで繊細な感性光る小説4篇。

    恋愛を楽しめないの、僕だけ?
    "男らしさ""女らしさ"のノリが苦手な大学二年生の七森。こわがらせず、侵害せず、誰かと繋がりたいのに。
    ジェンダー文学の新星!
    鋭敏な感性光る小説4篇を収録。

    真綿のような小説です。
    みちみちにくるまれて窒息しそうでした。
    ――児玉雨子氏(作詞家)

    気鋭の新人による、「どうしても鈍くなれない若者たちの物語」を集めた繊細な作品集。
    家の中でクイズ番組を見ながら誰かに聞かせるように解答を連呼する父親の姿をはじめ、
    コミュニケーションに潜むあらゆる加害性に対し丁寧に言葉をあてていく。
    ――倉本さおり氏(書評家)「毎日新聞」3月25日夕刊

    ◆ウェブ限定公開、著者による「刊行に寄せて」より
    フェミニズムのことを考えるようになったのがいつからなのか、はっきり覚えている。
    2016年の2月に、松田青子さんの「女が死ぬ」という小説を読んだことがきっかけだった。
    物語のために女が死ぬ。プロットのために、展開のために女が結婚する。妊娠する。流産する。レイプされる。
    男の都合のためにいろんな映画や小説、物語で平気で行われてきたやばいことを描いたこの作品を読んで私は涙が止まらなかった。
    理不尽に対してちゃんとキレてくれていることがうれしいという気持ちと、つらくて死にたいという気持ちがあった。
    「女が死ぬ」を読むまで23年間、私は男性としてぼーっと生きてきて、そういうこと、考えてもみなかった。
    自分は「女が死ぬ」に出てくる「彼」なんだ、加害者側にいるんだ、そう気づくと、心が痛くて仕方なかった。

著者

大前 粟生 (オオマエ アオ)

92年生まれ。小説家。京都市在住。同志社大学文学部卒業。著書に短編小説集『回転草』『私と鰐と妹の部屋』(ともに書肆侃侃房)がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳