ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

エドワーディアンズ

エドワーディアンズ

英国貴族の日々

ヴィタ・サックヴィル=ウエスト

村上 リコ

単行本 46変形 ● 336ページ
ISBN:978-4-309-20621-9 ● Cコード:0097
発売日:2013.06.26

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

  • ヴィタの最高傑作、初の邦訳! 男爵家令嬢として上流社会に育った著者が、貴族の生態を活写。失われつつあった社会をノスタルジーとユーモアを込めてこまやかに描いた実録小説。

     1905年の英国。美しい19歳の公爵セバスチャンは、わが身を縛る地位と伝統に鬱屈した思いを抱いていた。彼は恋愛に突破口を求め、〈社交界の花形美女(プロフェッショナル・ビューティー)〉である伯爵夫人シルヴィアとの関係に踏み出していく。ハウス・パーティーに招かれていた探検家のレナード・アンクティルは、そんなセバスチャンをよそ者の眼で観察し、一瞬の交流を果たす。絢爛たるロンドン社交期、大所領のクリスマス・パーティー、若き公爵がたどるさらなる愛の冒険、やがて訪れる新国王の戴冠式……。
     エドワード七世(在位1901〜10年)時代の英国を舞台に、みずからも男爵家の令嬢として上流社会に育った著者が、その体験をあますところなく描き出した実録的ロマンス。フィクションではあるが、20世紀初頭における英国上流社交界のようす、貴族や使用人の暮らしぶり、人びとの階級観や倫理観をうかがい知ることができる貴重なテキストでもある。

著者

ヴィタ・サックヴィル=ウエスト (サックヴィル=ウエスト,ヴィタ)

1892年~1962年。作家。サックヴィル男爵家の娘に生まれ、英国有数の大邸宅「ノール」で少女時代を過ごす。両性愛者で、一時はヴァージニア・ウルフと恋愛関係にあったといわれる。

村上 リコ (ムラカミ リコ)

文筆・翻訳家。東京外語大卒、千葉県生まれ。編集プロダクション勤務を経て二〇〇三年よりフリー。著書に『図説 英国メイドの日常』『図説 英国執事』他、翻訳にヴィタ・サックヴィル=ウェスト『エドワーディアンズ 英国貴族の日々』マーガレット・パウエル『英国メイド マーガレットの回想』(河出書房新社)シャーン・エヴァンズ『図説 メイドと執事の文化誌』(原書房)A・M・ニコル『怪物執事』(太田出版)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳