検索結果

845件中 120件を表示 | 表示件数   件

中国・SF・革命

外国文学

中国・SF・革命

ケン・リュウ郝 景芳閻 連科柞刈 湯葉佐藤 究王谷 晶イーユン・リー上田 岳弘樋口 恭介ジェニー・ザン

完売となった「文藝」2020年春季号特集を単行本化。ケン・リュウ、?景芳の初邦訳作品、柞刈湯葉の書き下ろしを新たに追加。

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.07.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-02903-0

予価2,420円(本体2,200円)

※未刊

詳細を見る
丁庄の夢

外国文学

丁庄の夢

閻 連科 著 谷川 毅

政府の売血政策で多くの死者が生まれた「エイズ村」をめぐる、死と狂気と絶望と哄笑の物語。ノーベル賞候補と目される作家が、世界規模の感染症が生む悲喜劇を自ら取材した傑作長篇。

  • 単行本 / 312頁
  • 2020.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-20801-5

定価3,520円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
カール・ラガーフェルドのことば

外国文学

カール・ラガーフェルドのことば

カール・ラガーフェルド 著 中野 勉

シャネル、フェンディの名アーティスティックディレクターであったラガーフェルド。60年以上にわたりファッションを牽引、惜しまれつつ逝去した「モード界の帝王」がのこした名言の数々。

  • 単行本 / 176頁
  • 2020.06.26発売
  • ISBN 978-4-309-20792-6

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
小説版 韓国・フェミニズム・日本

外国文学

小説版 韓国・フェミニズム・日本

チョ・ナムジュ松田 青子デュナ西 加奈子ハン・ガンイ・ラン小山田 浩子高山 羽根子深緑 野分星野 智幸

創刊以来86年ぶりの3刷となった「文藝」の特集「韓国・フェミニズム・日本」から日韓の書き手たちによる短編小説を集め、チョ・ナムジュの初邦訳「離婚の妖精」、松田青子の書き下ろしを加えた決定版。

  • 単行本 / 320頁
  • 2020.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-02883-5

定価1,980円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
空腹ねずみと満腹ねずみ 上

外国文学

空腹ねずみと満腹ねずみ 上

ティムール・ヴェルメシュ 著 森内 薫

『帰ってきたヒトラー』の著者が6年の沈黙を破ってついに発表した小説。数年後の欧州を舞台に、押し寄せる難民と国境を閉じるドイツ。何が、なぜ起こるのか、満を持して問う問題作。

  • 単行本 / 344頁
  • 2020.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-20798-8

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
空腹ねずみと満腹ねずみ 下

外国文学

空腹ねずみと満腹ねずみ 下

ティムール・ヴェルメシュ 著 森内 薫

『帰ってきたヒトラー』の著者が6年の沈黙を破ってついに発表した小説。数年後の欧州を舞台に、押し寄せる難民と国境を閉じるドイツ。何が、なぜ起こるのか、満を持して問う問題作。

  • 単行本 / 344頁
  • 2020.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-20799-5

定価2,090円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
理由のない場所

外国文学

理由のない場所

イーユン・リー 著 篠森 ゆりこ

母親の「私」と自殺してまもない16歳の息子との会話で進められる物語。著者の実体験をもとに書かれた本書からは、母親の深い悲しみが伝わり、強く心を打つ。他に類をみない秀逸な一冊。

  • 単行本 / 216頁
  • 2020.05.18発売
  • ISBN 978-4-309-20796-4

定価2,420円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
失われたいくつかの物の目録

外国文学

失われたいくつかの物の目録

ユーディット・シャランスキー 著 細井 直子

解体された東ドイツの宮殿、絶滅種のトラ、太平洋に沈んだ島、老いたグレタ・ガルボ……自然や芸術作品が雄弁に語り始める。各章16ページのテキストと、ダークな線画が織りなす夢の目録。

  • 単行本 / 266頁
  • 2020.03.27発売
  • ISBN 978-4-309-20794-0

定価3,190円(本体2,900円)

○在庫あり

詳細を見る
リスからアリへの手紙

外国文学

リスからアリへの手紙

トーン・テレヘン 著 柳瀬 尚紀

カタツムリ君、象さん、リス君、アリさん、熊君など、個性豊かなどうぶつたちが好きな食べ物や誕生日についてやりとりする。風に運ばれる手紙が伝える、オフビートで滋養に満ちた物語。

  • 単行本 / 112頁
  • 2020.03.26発売
  • ISBN 978-4-309-20793-3

定価1,320円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
小津安二郎の俳句

外国文学

小津安二郎の俳句

松岡 ひでたか

日本が世界に誇る映画監督・小津安二郎は、俳句を愛好し、また折に触れ作句した。自作映画のモンタージュ手法とも関連する生涯の二百余句をすべて掲載、ていねいに観賞。

  • 単行本 / 192頁
  • 2020.03.16発売
  • ISBN 978-4-309-02872-9

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
フェデラーの一瞬

外国文学

フェデラーの一瞬

デイヴィッド・フォスター・ウォレス 著 阿部 重夫

ナダルとの伝説的な死闘を分析しつつ、テニスの本質を体現するフェデラーの魅力を精緻に綴った名エッセイのほか、卓越した洞察力と縦横無尽なレトリックでテニスを楽しむ傑作エッセイ集。

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.02.27発売
  • ISBN 978-4-309-20791-9

定価3,520円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて

外国文学

暇なんかないわ 大切なことを考えるのに忙しくて
ル=グウィンのエッセイ

アーシュラ・K・ル=グウィン 著 谷垣 暁美

美しい自然や動植物、文学、音楽から、軍服、罵り言葉、愛猫パードまで。「アメリカSFの女王」が、自らの人生経験をふまえて繊細かつ奔放に綴った2010年代のエッセイを集成。

  • 単行本 / 288頁
  • 2020.01.28発売
  • ISBN 978-4-309-20790-2

定価2,640円(本体2,400円)

△重版中

詳細を見る
魅せられた旅人

外国文学

魅せられた旅人

ニコライ・レスコフ 著 東海 晃久

19世紀ロシア文学の異才レスコフの代表作を新訳。馬のことならなんでもできるイヴァンが預言者となって遍歴にでるまでの数奇な生涯。いまこそ新しい物語の魅力を凝縮した名作。

  • 単行本 / 376頁
  • 2019.12.23発売
  • ISBN 978-4-309-20789-6

定価3,190円(本体2,900円)

○在庫あり

詳細を見る
十二月の十日

外国文学

十二月の十日

ジョージ・ソーンダーズ 著 岸本 佐知子

中世テーマパークで働く若者、賞金で奇妙な庭の装飾を買う父親、薬物実験のモルモット……ダメ人間たちの何気ない日常を笑いとSF的想像力で描く最重要アメリカ作家のベストセラー短篇集。

  • 単行本 / 296頁
  • 2019.12.12発売
  • ISBN 978-4-309-20786-5

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
ピッツェリア・カミカゼ

外国文学

ピッツェリア・カミカゼ

エトガル・ケレット 著 アサフ・ハヌカ 絵 母袋 夏生

自殺者だけが集まる世界でかつての恋人を探すハイムは「意味のない奇跡」に満ちたサマーキャンプにたどり着く。世界40ヶ国以上で翻訳される人気作家の代表作のグラフィックノベル。

  • 単行本 / 106頁
  • 2019.12.03発売
  • ISBN 978-4-309-20784-1

定価3,190円(本体2,900円)

○在庫あり

詳細を見る
プリンストン大学で文学/政治を語る

外国文学

プリンストン大学で文学/政治を語る
バルガス=リョサ特別講義

マリオ・バルガス=リョサ 著 立林 良一

キューバ革命、ペルー大統領選、ドミニカの独裁政治、シャルリ・エブドのテロなど、ノーベル賞作家が自らの足跡も交えて政治・暴力と文学の密接な関係を語り尽くす、刺激に満ちた講義録。

  • 単行本 / 272頁
  • 2019.12.02発売
  • ISBN 978-4-309-20785-8

定価3,300円(本体3,000円)

○在庫あり

詳細を見る
南仏プロヴァンスの25年 あのころと今

外国文学

南仏プロヴァンスの25年 あのころと今

ピーター・メイル 著 池 央耿

ありがとう、南仏プロヴァンス! シリーズ累計100万部以上、英国人作家が見出し、世界中が魅了された「豊かで美味しい」南仏プロヴァンス。あの頃と今、25年を振り返った著者の遺作。

  • 単行本 / 192頁
  • 2019.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-20788-9

定価1,870円(本体1,700円)

○在庫あり

詳細を見る
名づけられないもの

外国文学

名づけられないもの

サミュエル・ベケット 著 宇野 邦一

20世紀最大の作家による到達点「小説三部作」ついに完結。はたしてこれも小説であるのか。ベケット没後30年、フランス語からの個人新訳第3弾。投込栞寄稿=吉増剛造、中原昌也

  • 単行本 / 262頁
  • 2019.11.20発売
  • ISBN 978-4-309-20787-2

定価3,080円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る
セロトニン

外国文学

セロトニン

ミシェル・ウエルベック 著 関口 涼子

巨大生化学メーカーを退職した若い男が、遺伝子組換え、家族崩壊、過去の女性たちへの呪詛や悔恨を織り交ぜて語る現代社会への深い絶望。世界で大きな反響を呼ぶベストセラー。

  • 単行本 / 304頁
  • 2019.09.27発売
  • ISBN 978-4-309-20781-0

定価2,640円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
シンコ・エスキーナス街の罠

外国文学

シンコ・エスキーナス街の罠

マリオ・バルガス=リョサ 著 田村 さと子

ノーベル賞作家のサスペンスフルな最新作。テロが吹き荒れる戒厳令下のペルー、リマで、大富豪がゴシップ誌に乱交写真をネタに脅迫される。その背後には国家の恐るべき闇が隠されていた。

  • 単行本 / 280頁
  • 2019.09.26発売
  • ISBN 978-4-309-20782-7

定価2,750円(本体2,500円)

○在庫あり

詳細を見る