ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

幻のロシアの異才、90年の時をへて本邦初登場。
鹿島田真希氏推薦!

単行本

ヤギノウタ

山羊の歌

コンスタンチン・ヴァーギノフ

東海 晃久

単行本 46変形 ● 288ページ
ISBN:978-4-309-20643-1 ● Cコード:0097
発売日:2014.01.24

定価3,456円(本体3,200円)

×品切・重版未定

  • 1920年代、ハルムス、バフチンなどと交わった幻のロシア文学者を本邦初紹介。ペトログラードをあてもなく彷徨う「名もなき詩人」の自死までをリリシズムと実験性とともに描くおそるべき名作。

    悪趣味にして華美。体制化のロシアの散文詩人が見た白昼夢。
    徹底された様式美が読者を挑発する。 ——鹿島田真希氏


    1920年代初頭のペトログラード。
    嘗ての帝都ペテルブルクはもうない。主人公テプチョールキンと彼を取り巻く友人たちはその見る影も無くなった町で最後の人文主義者=ルネサンス人という孤島となって、自らの居場所を探し続けた……。

    破滅へ急ぐ詩人の彷徨をペテルブルクの妖しい煌きとともに描く錯乱のロマネスク
    驚異の傑作!!

著者

コンスタンチン・ヴァーギノフ (ヴァーギノフ,コンスタンチン)

詩人、小説家。1899年、ペテルブルクにドイツ系軍人の父親とシベリア商人の娘である母親とのあいだに生まれる。920年代、「ペテルブルクにあったほぼ凡ての文学集団」に参加している。1934年、結核により死去。

東海 晃久 (トウカイ アキヒサ)

ロシア文学。訳書、ペレ―ヴィン『ジェネレーション〈P〉』『汝はTなり』、ゴーゴリ『死せる魂』、ソコロフ『馬鹿たちの学校』他

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳