ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 民俗

単行本

ラクゴニミルエドノアクブンカ

落語にみる江戸の「悪」文化

旅の文化研究所

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 216ページ
ISBN:978-4-309-24248-4 ● Cコード:0039
発売日:2001.07.18

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

  • 平和な江戸時代にも犯罪はあった。落語のなかには、泥棒、博打、詐欺はもちろん、殺人さえ描かれている。「鰍沢」「牡丹燈籠」「死神」などを題材に、江戸に花開いた悪の文化を探求する。

著者

旅の文化研究所 (タビノブンカケンキュウジョ)

「旅」を広く文化として捉え、「旅の文化」のもつ意義を人間的・学際的・国際的な立場から解明しようという理念のもとに、1993年に設立。旅に関する調査・研究、出版、研修・教育を行っている。神崎宣武/石井正己/山本志乃/桂南喬/佐伯順子/加門七海/小田晋。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳