検索結果

174件中 120件を表示 | 表示件数   件

鬼とは何か

歴史・地理・民俗

鬼とは何か
まつろわぬ民か、縄文の神か

戸矢 学

日本人の精神史の中で気にされてきた鬼を、神との対で、怨霊との関連で、山谷に駆逐された人びとや、また鬼門という角度からも考察、精神思想史の中でその正体に迫る。

  • 単行本 / 192頁
  • 2019.05.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22770-2

予価1,998円(本体1,850円)

※未刊

詳細を見る
ヒルコ

歴史・地理・民俗

ヒルコ

戸矢 学

イザナギ・イザナミの第一子で、アマテラス、スサノヲの兄であるヒルコはなぜ棄てられたのか。ヒルコのその後を追求し、徐福伝説についてさらに追加した決定版。

  • 単行本 / 208頁
  • 2019.05.16発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22769-6

予価2,052円(本体1,900円)

※未刊

詳細を見る
日本の伝説 関東

歴史・地理・民俗

日本の伝説

日本の伝説 関東

藤沢 衛彦

アマンジャク、将門伝説、真間の手児名、佐倉宗吾、八幡の藪知らず、金太郎、児が淵、武蔵野の逃水など、不思議な話が多い伝説の意外な宝庫。中沢新一推薦。

  • 単行本 / 336頁
  • 2019.05.14発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-70076-2

予価2,268円(本体2,100円)

※未刊

詳細を見る
白の民俗学へ〈増補新版〉

歴史・地理・民俗

白の民俗学へ〈増補新版〉
白山信仰の謎を追って

前田 速夫

被差別部落に多く分布する白山神社。その謎に包まれた白山信仰の実際を追って、民俗学の神秘の空白部分に迫る。待望の復刊を増補新版で。

  • 単行本 / 296頁
  • 2019.02.18発売
  • ISBN 978-4-309-22760-3

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の伝説 東北・北海道

歴史・地理・民俗

日本の伝説

日本の伝説 東北・北海道

藤沢 衛彦

シリーズ<日本の伝説>好評第3弾。仙台や、義経、蝦夷、アイヌの伝説など。「滝夜叉姫」「先代萩」「悪路王退治」「サマイクルの神」など全42話。中沢新一推薦。

  • 単行本 / 336頁
  • 2018.12.21発売
  • ISBN 978-4-309-70073-1

定価2,268円(本体2,100円)

○在庫あり

詳細を見る
楽しき哀しき昭和の子ども史

らんぷの本

楽しき哀しき昭和の子ども史

小泉 和子 編著

新たな視点で語られる「昭和の子ども史」。「楽しいこと」「哀しいこと」を豊富な図版で詳説。語られこなかった「身売り」「もらい子殺し」「人さらい」にも言及。一級資料としても貴重!

  • 単行本 / 176頁
  • 2018.11.27発売
  • ISBN 978-4-309-75034-7

定価2,052円(本体1,900円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の伝説 京都・大阪・奈良

歴史・地理・民俗

日本の伝説

日本の伝説 京都・大阪・奈良

藤沢 衛彦

シリーズ〈日本の伝説〉第2弾。日本の伝説のふるさとの三府県から。「羅生門」「鞍馬天狗」「浦島伝説」「葛の葉物語」「三輪山神婚伝説」「役行者」など全50話。

  • 単行本 / 334頁
  • 2018.11.22発売
  • ISBN 978-4-309-70072-4

定価2,268円(本体2,100円)

○在庫あり

詳細を見る
北の白山信仰

歴史・地理・民俗

北の白山信仰
もう一つの「海上の道」

前田 速夫

被差別の民のこころのよりどころとなった白山信仰の謎、性格は東北地方のあり方でより顕著に見えてくる。そこに、北方狩猟民族のシャーマニズムがどう被さってくるかを探究する。

  • 単行本 / 256頁
  • 2018.11.16発売
  • ISBN 978-4-309-22756-6

定価2,268円(本体2,100円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の伝説 江戸東京

歴史・地理・民俗

日本の伝説

日本の伝説 江戸東京

藤沢 衛彦

伝説紹介の決定版だった往年の〈日本民族伝説全集〉全9巻の、「東京」篇を復刊、第一回配本。新漢字、「です・ます」調で読みやすい。今こそ、日本人の心のふるさとを。

  • 単行本 / 344頁
  • 2018.09.27発売
  • ISBN 978-4-309-70071-7

定価2,106円(本体1,950円)

○在庫あり

詳細を見る
村の奇譚 里の遺風

歴史・地理・民俗

村の奇譚 里の遺風

筒井 功

日本各地の村、山あいで著者が見聞きし、取材した怪異な出来事や、今に残る奇妙な風習の名残など、不思議な話全十三話を紹介。

  • 単行本 / 216頁
  • 2018.09.26発売
  • ISBN 978-4-309-22750-4

定価1,998円(本体1,850円)

○在庫あり

詳細を見る
祭祀習俗事典

歴史・地理・民俗

祭祀習俗事典

柳田 国男

祭祀に関する習俗を初めて総合的にまとめた、柳田国男最晩年の集大成。ジャンル別で、あたまから読んでいける、読める事典の決定版。

  • 単行本 / 516頁
  • 2018.09.25発売
  • ISBN 978-4-309-22741-2

定価3,564円(本体3,300円)

○在庫あり

詳細を見る
イラストでわかりやすい 昔の道具百科

歴史・地理・民俗

イラストでわかりやすい 昔の道具百科

中林 啓治 イラスト 岩井 宏實

身の回りの様々な道具は、生活を豊かにするため、工夫を凝らして作られてきた。暮らしの移り変わりとともに、懐かしい道具を温かみのあるイラストで紹介。大判・ルビ付きで読みやすい。

  • 単行本 / 144頁
  • 2018.08.22発売
  • ISBN 978-4-309-22738-2

定価3,564円(本体3,300円)

○在庫あり

詳細を見る
大正昭和美人図鑑

らんぷの本

大正昭和美人図鑑

小針 侑起

「艶やか、清楚、可愛い」美人がいっぱい! 明治大正の 「絵葉書美人(芸者)」から舞台、映画、新劇、浅草オぺラ、少女歌劇で活躍した女優まで。

  • 単行本 / 164頁
  • 2018.07.27発売
  • ISBN 978-4-309-75031-6

定価1,998円(本体1,850円)

○在庫あり

詳細を見る
賤民と差別の起源

歴史・地理・民俗

賤民と差別の起源
イチからエタへ

筒井 功

エタの語源は何かはまだわかっていない。著者は、巫女などをさすイタコ他の元になった語「イチ」にその語源を求める。そこから広く深く差別の根源をさかのぼって解き明かす、画期的な書。

  • 単行本 / 208頁
  • 2018.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-22734-4

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
宮本常一を旅する

歴史・地理・民俗

宮本常一を旅する

木村 哲也

日本中を歩いた民俗学者宮本常一が訪れた場所を追体験し、当時の取材対象者、関係者に会い、宮本の偉業を今日的に再認識しつつ場所の「いま」を考える民俗紀行エッセイ。

  • 単行本 / 280頁
  • 2018.06.26発売
  • ISBN 978-4-309-22733-7

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
被差別民の起源

歴史・地理・民俗

被差別民の起源

菊池 山哉

全国の被差別部落を調査した菊池山哉の、日本の被差別民を研究した、1923年刊の処女作で、直後に発禁となった「穢多族に関する研究」の初めての復刊。解説=礫川全次。

  • 単行本 / 396頁
  • 2018.05.29発売
  • ISBN 978-4-309-22731-3

定価3,456円(本体3,200円)

○在庫あり

詳細を見る
日本民俗文化学講義

歴史・地理・民俗

日本民俗文化学講義
民衆の近代とは

川村 邦光

日本近代の民俗文化の根底と変遷を、戦争、天皇、漱石、「みだれ髪」、洋食、富士山、七人みさき、など、十三のテーマと多くの図版から考察する。

  • 単行本 / 272頁
  • 2018.01.29発売
  • ISBN 978-4-309-22726-9

定価2,808円(本体2,600円)

○在庫あり

詳細を見る
闇の摩多羅神

歴史・地理・民俗

闇の摩多羅神
変幻する異神の謎を追う

川村 湊

天台宗系の寺院の常行堂などの「後戸」に秘められた秘仏である「摩多羅神」。この大陸由来の、秦氏と深く関わる、申楽の後戸の神であり、宿神、翁神でもある“踊る神”の謎に本格的に迫る。新装版。

  • 単行本 / 248頁
  • 2017.12.27発売
  • ISBN 978-4-309-22724-5

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
神さまの声をきく おみくじのヒミツ

歴史・地理・民俗

神さまの声をきく おみくじのヒミツ

平野 多恵

あなたは、おみくじの正しい見方を知っていますか? おみくじに込められた神さまのメッセージとは。おみくじや和歌の歴史に立ち返り、そのヒミツを解き明かす、おみくじ本の決定版。

  • 単行本 / 160頁
  • 2017.12.26発売
  • ISBN 978-4-309-24839-4

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る
図説 遠野物語の世界

ふくろうの本

ふくろうの本/日本の文化

図説 遠野物語の世界

石井 正己

ザシキワラシ、山男、河童、オシラサマ……遠野の地に伝えられ、柳田国男が記録に留めた様々な話を豊富な写真や資料を通して追体験。聞き書きから『遠野物語』出版までの過程も徹底分析。

  • 単行本 / 120頁
  • 2017.12.22発売
  • ISBN 978-4-309-76266-1

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る