検索結果

157件中 120件を表示 | 表示件数   件

闇の摩多羅神

歴史・地理・民俗

闇の摩多羅神
変幻する異神の謎を追う

川村 湊

天台宗系の寺院の常行堂などの「後戸」に秘められた秘仏である摩多羅神。この大陸由来の、秦氏と深く関わる、申楽の後戸の神であり、宿神、翁神でもある“踊る神”の謎に本格的に迫る。

  • 単行本 / 244頁
  • 2017.12.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22724-5

予価2,376円(本体2,200円)

※未刊

詳細を見る
図説 遠野物語の世界

ふくろうの本

ふくろうの本/日本の文化

図説 遠野物語の世界

石井 正己

  • 単行本 / 120頁
  • 2017.12.22発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-76266-1

予価1,944円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
神さまの声をきく おみくじのヒミツ

歴史・地理・民俗

神さまの声をきく おみくじのヒミツ

平野 多恵

あなたは、おみくじの正しい見方を知っていますか? おみくじに込められた神 さまのメッセージとは。おみくじや和歌の歴史に立ち返り、そのヒミツを解き明かす、おみくじ本の決定版。

  • 単行本 / 160頁
  • 2017.12.19発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-24839-4

予価1,296円(本体1,200円)

※未刊

詳細を見る
南方熊楠

歴史・地理・民俗

南方熊楠
開かれる巨人

河出書房新社編集部

粘菌、民俗、博物学者。あまりにも膨大で枠に収まらない巨人だが、生命原理の根本への関心にその学問は収斂する。生誕150年、その可能性の中心を探る。

  • 単行本 / 184頁
  • 2017.11.28発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22716-0

予価1,836円(本体1,700円)

※未刊

詳細を見る
気象災害から身を守る 大切なことわざ

歴史・地理・民俗

気象災害から身を守る 大切なことわざ
豪雨・台風・津波……日本人が言い伝えてきた知恵と行動

弓木 春奈

「蛇抜けの前は、きな臭い」「海鳴が聞こえると暴風雨」「一つ雷、雪起こし」……現代科学でも予測し得ない急激な気象変化によって起きる災害から、自分と家族の命を守るための教えを集約。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.11.27発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-22720-7

予価1,512円(本体1,400円)

※未刊

詳細を見る
アイヌ語地名と日本列島人が来た道

歴史・地理・民俗

アイヌ語地名と日本列島人が来た道

筒井 功

東北地方におけるアイヌ語地名の南限を実地に探り、大陸から日本列島に人々がどのようにやって来、民族がいかに交わり形成されたかを探る画期的な書。

  • 単行本 / 280頁
  • 2017.10.27発売
  • ISBN 978-4-309-22712-2

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
ハーフ・ブリード

歴史・地理・民俗

ハーフ・ブリード

今福 龍太

混血児=ハーフ・ブリードこそ世界の根源であり可能性なのだ。思想と文学の先導者がその半生と果てなき旅のすべてを賭けて描く世界の再生のための壮烈にして壮麗な混血をめぐる物語

  • 単行本 / 368頁
  • 2017.10.12発売
  • ISBN 978-4-309-24830-1

定価4,104円(本体3,800円)

○在庫あり

詳細を見る
被差別の民俗学

歴史・地理・民俗

被差別の民俗学

折口 信夫

折口に「被差別」を冠した本はないが、元々そうした問題意識と密接に研究を始めた。その領域の貴重な文章と、体験的な思い出を綴ったエッセイでまとめる。解説=安藤礼二。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-22706-1

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
賤民にされた人びと

歴史・地理・民俗

賤民にされた人びと
非常民の民俗世界

柳田 国男

初期を中心にした、柳田の被差別に関する文章のアンソロジー。「俗聖沿革史」「桂女由来記」「唱門師の話」「猿廻しの話」「山荘太夫考」「塚と森の話」など。

  • 単行本 / 256頁
  • 2017.05.17発売
  • ISBN 978-4-309-22701-6

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

詳細を見る
マタギ聞き書き

歴史・地理・民俗

マタギ聞き書き
その狩猟民俗と怪異譚

武藤 鉄城

東北の狩猟民族の中心となる、阿仁地方を含む北秋田の「マタギ」の人びとから狩猟生活の実態や信仰の実際を生々しく聴き取った貴重な民俗記録集。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.04.17発売
  • ISBN 978-4-309-22699-6

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。

歴史・地理・民俗

開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。

長崎 洋二

日本各地にある、神仏パワーを秘めたスポット。そのパワーのしくみと、エネルギー吸収法を解説、生体エネルギーを活性化して金運、ビジネス運、恋愛運、健康運をアップし、願いを叶える本。

  • 単行本 / 224頁
  • 2017.03.24発売
  • ISBN 978-4-309-22697-2

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
タケミカヅチの正体

歴史・地理・民俗

タケミカヅチの正体
オミ姓氏族対ムラジ姓氏族

藤井 耕一郎

国譲り、神武東征に貢献した武神であるが、手焙り型土器と前方後方墳の勢力分布と密接な関係があり、その後の物部氏=前方後円墳勢力との争闘から、初めてその実態に迫る。

  • 単行本 / 236頁
  • 2017.02.28発売
  • ISBN 978-4-309-22695-8

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
被差別民とはなにか

歴史・地理・民俗

被差別民とはなにか
非常民の民俗学

柳田 国男

後年、「常民の民俗学」を打ち立てる柳田は、初期は非常民と言える被差別民の研究から出発した。「所謂特殊部落ノ種類」など必須七文献を収録する。

  • 単行本 / 328頁
  • 2017.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-22696-5

定価2,808円(本体2,600円)

○在庫あり

詳細を見る
絵引 民具の事典【普及版】

歴史・地理・民俗

絵引 民具の事典【普及版】
イラストでわかる日本伝統の生活道具

岩井 宏實 監修 工藤 員功 編 中林 啓治

日常の必要から工夫を重ねて作り出された道具の数々を、約1500点のイラストで紹介し、用途・構造・歴史・地域による違いなどを簡潔に解説。伝統的な「もの」の文化を集大成した一冊。

  • 単行本 / 528頁
  • 2017.01.23発売
  • ISBN 978-4-309-22692-7

定価3,240円(本体3,000円)

○在庫あり

詳細を見る
平城京のごみ図鑑

歴史・地理・民俗

見るだけで楽しめる!
平城京のごみ図鑑
最新研究でみえてくる奈良時代の暮らし

奈良文化財研究所 監修

コレが奈良時代のごみ? 発掘で出土した「ごみ」が、奈良時代人の食生活や暮らしぶりを豊かに語る! 考古学の最新手法が奈良時代人のプライベートに肉薄。ごみから一体なにがわかるのか?

  • 単行本 / 128頁
  • 2016.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-22688-0

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
えた非人

歴史・地理・民俗

えた非人
社会外の社会

柳瀬 勁介 著 塩見 鮮一郎

近代に入って最も早い時期に差別・被差別の歴史を研究した先駆者の,画期的な情熱の書を、斯界の第一人者がわかりやすい現代語に訳して世に問い直す。

  • 単行本 / 168頁
  • 2016.11.28発売
  • ISBN 978-4-309-22689-7

定価2,160円(本体2,000円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の「アジール」を訪ねて

歴史・地理・民俗

日本の「アジール」を訪ねて
漂泊民の場所

筒井 功

国家の統治が及ばなかった「聖域」アジール。近代以降の漂泊民、被差別民、乞食たちが拠り所としたそれら洞窟などの実際の場所を、克明な取材に基づき描く民俗紀行ノンフィクション。

  • 単行本 / 208頁
  • 2016.10.25発売
  • ISBN 978-4-309-22686-6

定価2,376円(本体2,200円)

○在庫あり

詳細を見る
ニセモノ図鑑

芸術・芸能

見るだけで楽しめる!
ニセモノ図鑑
贋造と模倣からみた文化史

西谷 大

ニセモノが悪で、ホンモノは善か? 縄文人も愛用したイミテーション、おもてなしに使われた贋作絵画、そして人魚のミイラまで。多彩なニセモノが文化史の深層を語る。ニセモノ図版多数!

  • 単行本 / 128頁
  • 2016.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-27767-7

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

詳細を見る
折々の民俗学

歴史・地理・民俗

折々の民俗学

常光 徹

民俗学のテーマは、山奥の村にだけ転がっているのではない。街場の日々の話題も丁寧に採集した、四季折々の暮らしの民俗学。「高知新聞」好評連載完結。貴重な「真覚寺日記」の紹介も。

  • 単行本 / 212頁
  • 2016.07.26発売
  • ISBN 978-4-309-22674-3

定価1,620円(本体1,500円)

○在庫あり

詳細を見る
忘れられた日本の村

歴史・地理・民俗

忘れられた日本の村

筒井 功

マタギの村、天皇の即位のたびに麻服を貢納する山奥の村など、歴史の長い不思議な村七つのの探訪紀行。宮本常一『忘れられた日本人』を現代に引き継ぐ民俗誌。

  • 単行本 / 240頁
  • 2016.05.26発売
  • ISBN 978-4-309-22668-2

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る